オンラインカジノにかかる税金の計算方法について

記事内容

オンラインカジノを利用する上でプレイヤーが気を付けなくてはいけない点として、税金がかかるという点です。

意外と見落としてしまう人が多いので必ず頭に入れておく必要があります。

オンラインカジノに「だけ」税金がかかる理由は?

オンラインカジノのみならず日本のギャンブルには全て「一時所得」という税金がかかります。

日本のギャンブルにおいて、勝金の受け取り方として現金でその場で支払われるため記録に残らないため、お金の流れを税務署側などがすべてを把握することが出来ないため、実質的に大目に見られているのが実情です。

しかし、オンラインカジノの場合は銀行を介して支払われるため、記録に残ってしまいます。

お金の流れがしっかりと把握されてしまうため、納税しなければ追求されてしまうので注意しなければなりません。

■日本のギャンブルの場合

 

■オンラインカジノの場合

税金が発生するかどうかは記録に残るか残らないかの部分が大きいですので、利益が上がったらしっかりと納税するようにしましょう。

納税の方法とは?

オンラインカジノは利益が上がったら納税をしなくてはいけないのですが、企業勤めの人は自分で納税をしたことがないという人も多いと思います。

しかし、オンラインカジノに関しては、個人での収入になってしまうため、自分自身で確定申告を行う必要があります。

面倒だから申告しなくていいかは大変危険です。罰金が科せられて追加で支払わなければいけなくなりますので必ず申告するようにしましょう。

確定申告の時期と方法について

まず最初に税金はその年の1月1日から12月31日までに稼いだお金が対象となります。

そして翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告をしなくてはいけません。

例えば2019年の2月にオンラインカジノを始めたという人は2019年の12月31日までの収支を翌年2020年の2月16日から3月15日までに確定申告を行う必要があります。

この時2020年の1月から2月までの分も申告してしまう人がいますが、2020年に入ってからの収入は含みませんので注意して下さい。

あくまでもその年の1月1日から12月31日まで分となります。

申告のタイミングとしておすすめなのが申告する2月16日から3日間と最終日の3日間は非常に混雑しています。

税務署が1年で1番忙しい時期です。

なるべく最初の週と最後の週は避けて中盤の午後3時以降に行くとまだ、比較的空いています。それでも混むことを前提に行って車で行く際は駐車場の空きがない可能性もあるので注意していきましょう。

課税金額の算出方法

オンラインカジノで稼いだお金は【一時所得】という区分され、課税することになります。

一時所得の算出方法は以下のとおり。

■一時所得の計算方法

【一時所得】=「収入金額」-「支出金額」-「特別控除額 (最大50万円)」

一時所得の計算方法として100万円の利益が上がったとして計算してみます。

【50万円】=「100万円」-「0円」-「特別控除額 (最大50万円)」

オンラインカジノでは支出金額はないと考えられます。

特別控除額分である最大50万円を引いた金額が課税対象となります。勝った金額が50万円未満の場合は【特別控除額】つぃて控除されるため、その場合は納税する必要はありません。会社勤めの場合は給与以外に20万円以上の収入がある場合は確定申告の必要があります。

つまり70万円未満の場合は確定申告の必要はありません。

一時所得として気をつけなければいけないのが、

「支出金額は損失額に含まれない」

ということです。

どういうことなのかというと以下の表をご覧ください。▼

総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 100,000 250,000 +150,000
2月 100,000 0 -100,000
3月 200,000 100,000 -100,000
4月 100,000 350,000 +250,000
5月 200,000 300,000 +100,000
6月 100,000 150,000 +500,000
7月 100,000 500,000 -500,000
8月 100,000 350,000 +250,000
9月 100,000 600,000 +300,000
10月 200,000 700,000 +500,000
11月 100,000 150,000 -50,000
12月 500,000 1,000,000 +500,000
合計 2,100,000 3,900,000 +1,800,000

年間で計算すると普通に考えれば2月・3月・7月・11月が損失したため最終的に「1,800,000円」と計算されます。

しかし、一時所得の場合計算方法として損失は計上されません。

つまり下記の図の通りになります。▼

総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 100,000 250,000 +150,000
4月 100,000 350,000 +250,000
5月 200,000 300,000 +100,000
6月 100,000 150,000 +50,000
8月 100,000 350,000 +250,000
9月 300,000 600,000 +300,000
10月 200,000 700,000 +500,000
12月 500,000 1,000,000 +500,000
合計 1,600,000 3,700,000 +2,100,000

一時所得の計算の場合最終的に「+2,100,000円」となります。

勝つたびに課税されると考えて下さい。

そのため1年のトータルの収支で考えてはいけないのです。

あとからまとめて税額を計算すると、負けた時の支出まで計算に入れてしまいがちで、あとから税額を計算することが出来ません。

せっかく納税しているのにも関わらず、間違えて申告をしてしまうことにもなってしまいます。

当プラットフォームではユーザー登録をした人は収支の金額を計算に入れることが可能です。

なるべく遊んだ日は必ず記録しておくことをおすすめします。

確定申告に必要な書類

確定申告を行う際に、必要となる書類は以下のとおりです。

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

支払調書に関しては、オンラインカジノ側に直接問い合わせて受け取る、もしくは自身で収支を記録したものをプリントアウトしても良いと思います。

経費についてはオンラインカジノをプレイするためにサーバーを強化したとか、タブレットやスマホを購入したなどを申告をしても良いと思います。

書類を用意した後は、確定申告を行います。

稼いだお金を会社にバレたくない人は要チェック!

会社に勤めているプレイヤーの方は、確定申告をすると「オンラインカジノで稼いだお金がバレてしまう?」と不安に思っている人も多いはずです。

副業ではないけど、やはりプレイしていることを周りに知られたくない人は多いはずです。

知られたくないようにするために必要なこととして、確定申告書の2面にある「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」という欄にある【自分で納付(普通徴収)】にチェックを入れるということです。

ここにチェックを入れるっことで勤め先の会社ではなく自宅に書類が届きます。

こうすることで副業禁止の企業にも伝わることはないので必ずチェックをしてご自身で申告するようにしましょう。

まとめ

税金や確定申告のことなど計算方法が分かなかったり、慣れていないため、難しくて面倒と思ってしまうかもしれません。

オンラインカジノの税金として覚えておかなくてはいけないことは以下の3つです。

  • 損失は計上せず、細かく記入しておく必要がある。
  • 確定申告の時期は2月16日から3月15日の間。
  • 会社などに知られたくない場合は、自分で納付(普通徴収)にチェックを入れる。

以上のことだけ、覚えておきましょう。

特に収益の記入に関しては当プラットフォームにログインした方は収支報告をつけることが出来るので、ぜひ活用して下さい。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`