Dice Lab(ダイス・ラボ)

記事内容

Dice Lab(ダイス・ラボ)社は、マルタに拠点を置く、2018年に設立されたばかりの小さなゲームプロバイダー会社です。

名前の通り、ビデオスロット以外にもダイスを使ったユニークなカジノオンラインゲームを開発を専門としています。

Dice Lab社のチームは、ギャンブル業界だけでなく、さまざまな業界から集まった専門家たちが集まって構成されています。

iGaming、ゲーム開発、さらにはUXだけでなく3Dデザインも同様です。

他のゲームプロバイダー会社とは違った角度でオンラインカジノ業界に新しい風を起こそうとしているのです。

Dice Lab社の特徴

 

カジノスロットダイスゲームの開発

Dice Lab社ではビデオスロットなども開発しており、そのクオリティも高いと定評がありますが、まず最初に注目すべきはやはりスロットダイスゲームです。

スロットダイスという新しいゲームを生み出したことで、オンラインカジノ業界から注目を浴びましたし、会社名もそれに関連するダイレクトな名前だからこそ憶えやすく知ってもらえます。

普段からスロットやテーブルゲームに慣れているプレーヤーにとって新しいスタイルを提供し、今までにないユニークな体験を提供してくれます。

スロットダイスは、他のゲームプロバイダー会社がこれまでにない新しく革新的なソリューションを生み出したことは間違いないでしょう。

「新しいゲームだからこそ複雑」ということは決してありません。

スロットダイスゲームは実にシンプルで簡単に遊べます。

プレーヤーがすることは、サイコロを振って賞金を獲得することだけです。

賞金は、サイコロに表示される数字によって変動し、特定の組み合わせを獲得することで賞金が増えたり、ボーナスラウンドに参加したり、ジャックポットボーナスゲームに参加したりすることが出来ます。

基本ゲームでは、3つの同じ目のダイスを組み合わせることで配当を得ることが出来ます。

それからダイススコアのさまざまな組み合わせにより、4つのボーナスゲームのいずれかが発動し、それぞれが10の異なるレベルで進行します。

レベルが上がるにつれて次のレベルに進む難易度が高くなりますが、賞品も同様に上がっていきます。

最大5,000倍の賭け金を獲得できたりと一撃の破壊力も持っています。

グラフィックはとてもリアルであり、3Dで描かれています。スロットゲームも非常に作りこまれています。

デバイスとプラットフォームでプレイすることが出来るので誰もが遊ぶことが出来ます。

実はこのダイススロットは、1940年代に発明された古典的なヤッツィーダイスゲームに影響を受け、それをDice Labが独自に開発し、新機能を搭載しリリースされたのです。

昔からあるゲームを独自にアレンジしたことで誕生しました。

新しいゲームではありますが、ジャックポットやユニークなボーナス機能を含めたりと目新しさではなく、ゲーム性も大事にしています。

まとめ

Dice Lab(ダイス・ラボ)社は、マルタに拠点を置く、2018年に設立されたばかりの小さなゲームプロバイダー会社ですが、早くも注目されています。

競争が激しく有象無象として乱立しているゲームプロバイダー会社において、ニッチではあるかもしれませんが、独自のコンテンツであるダイススロットを展開したからこそとも言えるでしょう。

プロバイダー会社からは得られないオリジナルで高品質でエンターテイメント性溢れるコンテンツをプレーヤーに提供し、それを足掛かりにさらなる開発を進めています。

普段ビデオスロットを遊んでいてちょっと変わったゲームを遊んでみたいという人は是非とも遊んでみましょう。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`