Greentube(グリーンチューブ)

記事内容

1998年にオーストリアでGreentube社は設立されましたが、設立当初は3Dスポーツゲームを開発しているなどオンラインカジノに目を向けていませんでした。

しかし、2010年にオーストリア最大のプロバイダー会社であるNovomatic(ノボマティック)社に買収されてからは、本格的にオンラインスロット開発をスタートしたのです。

Novomatic(ノボマティック)社について詳しく知りたい方はこちらを参照して下さい。

Novomatic(ノボマティック)

 

そして今現在はNovomatic社の元でGreentube社は長年に渡ってユニークでエキサイティングなスロットゲームを開発し続けており、その魅力を業界へと発信し続けているゲームプロバイダー会社です。

Greentube社を買収したことはNovomatic社にとって大きな財産となったと言ってもいいほど優れたスロットゲームを開発し続けています。

 

Greentube社の特徴

 

多種多様なゲーム開発が可能なプロフェッショナルチーム

Greentube社の特徴してその幅広いゲーム開発にあると言っていいでしょう。

オンラインカジノにおけるスロットゲームを中心にモバイルに最適化されたゲームや、ランドカジノ用のゲーム、テーブルカードのポーカーなども開発しています。

1つ1つのクオリティが非常に高く会社が多面的に活躍しているからとも言えるでしょう。

特にスロットゲームに開発してきたゲームの数はこれまでに300を超えており、コンスタントに素晴らしいペースでゲームをリリースし続けており、そのどれもがグラフィック・ストーリー・サウンドがハイレベルと言えます。

さらに開発を広げるために3Dゲームの開発を目的とした新しいプロジェクト「Stakelogic」会社を立ち上げました。

Stakelogic社について知りたい方はこちら

Stakelogic(ステークロジック)

 

最新のHTML5で構成されたゲーム開発は見るものを魅了し、多くのプレイヤーを夢中にさせることでしょう。

どの会社も素晴らしい技術者によって開発されており、オンラインカジノ市場において輝きを放っていると言えます。

 

Gaming intelligence賞を受賞

Greentube社はそのオンラインカジノのゲーム開発において公平かつセキュリティ面にも非常に力を入れていることが評価され、2017 ICE Totally Gaming展において同社は2017年にソーシャルカジノサプライヤーオブザイヤーのためのゲーミングインテリジェンス賞を受賞しました。

その他にもこれまでに300を超えるゲーム開発は数々の賞を勝ち取ってきています。

信頼と実績のあるゲームプロバイダー会社です。

 

まとめ

1998年にオーストリアでGreentube社は設立され、2010年に大手ゲームプロバイダー会社のNovomatic(ノボマティック)社に買収され、本格的にオンラインスロット開発をスタートしました。

スロットゲームを中心に、キノやルーレット、シックボー、ブラックジャックなどのテーブルカジノを合わせてこれまでに300を超えるゲーム開発をしており、数々の受賞歴を持つ信頼と実績のあるゲームプロバイダー会社です。

日本でもNovomatic社を採用している所も増えてきており、Greentube社としても提携するところもあります。

是非見かけた際は遊んでみてはいかがでしょうか?

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`