Lost World Games(ロスト・ワールド・ゲームス)

記事内容

Lost World Games(ロスト・ワールド・ゲームス)社は2013年12月に業界に魅力的なオンラインスロットゲームの開発を目的とした革新的な新しいゲームプロバイダー会社として期待が持たれています。

Lost World Games社は、経験豊富なゲームコンサルタント&弁護士でもある「ロブスミス」の手によって設立されました。

オンラインカジノ業界に「未発見の宝物」を提供するというキャッチフレーズで野心を胸に開発に臨んでいるゲームプロバイダー会社です。

2020年8月時点までに開発されたゲームは4つで決して開発が止まっているのかスピードは遅いです。

しかし、その1つ1つが個性あふれたゲームとなっています。

Lost World Games社の特徴

 

日本のオタク文化に影響!?

Lost World Games社の注目すべき点として日本の「オタク文化」に影響を受けている面が強く反映されているという点で、彼らはアニメ、PCゲーム、コミック、SF、大ヒット映画からインスピレーションを受けてきているということです。

会社自体はまだまだ小さく、高額なライセンス料が負担になることもあるでしょう。

彼らのファーストゲームである「King of Kaiju:Rampage Riches」のビデオスロットは、ゴジラやモスラのような日本をテーマにした怪獣映画に敬意を払うように設計されており、日本の怪獣にかなり強く影響を受けてリリースされています。

ファーストリリースでありながらもかなり人気が出ました。

快適なゲームプレイの提供

Lost World Games社は、新しいタイプのオンラインカジノゲームを開始したいという願望を常に持っており、同社はその存在の非常に早い段階で、宝石、海賊、またはレプラコーンといったありきたりで出尽くした感もあるテーマではなく、別のスロットを開発することに努めています。

もちろんそのテーマ自体は全く手を出さないというわけではなく、そこに自身のオリジナリティを付けることが出来れば開発するということもあるとも言っています。

Lost World Games社らしさを活かしたゲーム開発を大事にしています。

苦難の道?

Lost World Games社をプレイすることが出来る場所は非常に限定されており、多くはありません。

その理由としてOdoboの閉鎖にあります。

Lost World Games社の最初のタイトル、「King of Kaiju:Rampage Riches」は、 最初に Odoboとの契約されたのですが、Odoboの閉鎖することになりました。

閉鎖によって彼らのゲームが提供されている所がかなり減ってしまったのです。

Microgaming社と提携するのではないか?という話も出ているようで、そうなればまた優れたゲームがリリースされることに期待したいところです。

Lost World Games社が作るゲームは優れたアートワークとユニークなボーナス機能や演出があり、HTML5ゲームによって開発されており、快適なゲームプレイ環境となっています。

ぜひ、見つけた時は遊んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

Lost World Games(ロスト・ワールド・ゲームス)社は2013年12月に設立されましたが、今現在はほとんどゲーム開発は止まっていると言っていいでしょう。

しかし、だからといって彼らの作ったゲームは優れていないというわけではありません。

提携先の閉鎖による苦難が待っていたのです。

これから先新しいパートナーが見つかった際には彼らの魅力的で洗礼された新しいゲームがリリースされるかもしれません。

日本でも少ないですが、ゲーム提供はされているようですので、是非とも遊んでみてはいかがでしょうか?

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`