MGA (エムジーエー)

記事内容

MGA (エムジーエー)は1976年にバルセロナを拠点とするゲームプロバイダー会社です。

MGA(Malta Gaming Authority)とは別の会社ですので混同しないようにしましょう。

ランドカジノを中心に事業を展開し、MGAは、業界において確実に高い評判を維持している会社が2001年に本格的にオンラインカジノギャンブルのシーンに参入しました。

また、オンラインカジノゲーム以外にも様々なエンターテイメント事業や不動産サービスの提供、レストランブランドの作成、ボウリングルームの運営、さらには古いゲーム機のスペアパーツの販売まで至り、会社としての実績を積み重ねています。

 

MGA社の特徴

 

多種多様カラフルなゲーム開発

MGA社はこれまでに数々のランドカジノやサービス業などを展開をしており、多岐に渡って成功を収めており、その豊富なマーケティングや事業展開を活かしたものをゲーム展開しています。

テーマ的にはリアル系よりもコミック調のゲームスタイルのほうが多いですが、型に捉われずに、3D効果、リアルなアートワーク、優れたオーディオ品質、見事なボーナス機能などで開発されたこれらのゲームは、確実にファンを増やしていくことでしょう。

ゲームもスピーディで小気味よくサクサクと進んでいくので間延びしないでどんどん始めることが出来ます。

またクラシックスタイルなどの開発もしていますので、非常にラインナップとバリエーションが豊富です。

典型的なレトロスタイルのスロットマシンにおいても標準のグラフィックスと最新のオーディオシステムが搭載されており、あらゆる種類のプレーヤーに最適な独自の機能と特性を提供しています。

 

スロット以外のゲーム展開

MGA社はスロットゲーム以外にもテーブルゲームのブラックジャックやポーカー、キノ、ビンゴ、ルーレットなどのゲームも開発しています。

またMGA社は独自の開発において、ビンゴゲームのアクションとスロットマシンの回転するゲームプレイを融合させた「ビンゴスロット」を開発しました。

一つだけではなく複数展開していたりとオンラインカジノ業界に新しい風となってプレイヤーから注目されるようになったのです。

 

まとめ

MGA (エムジーエー)は1976年にバルセロナを拠点とし、オンラインカジノ以外にも不動産業やサービス業なども展開しており、2001年ごろからオンラインカジノギャンブル市場に参入してきました。

開発スピードも速い部類で、クラシックスタイルのスロットゲームやコミック調のスロットの他に、キノ、ビンゴ、ルーレットやブラックジャックと言ったゲーム開発を行っています。

まだまだ日本では知られいないゲームプロバイダー会社ではありますが、もし見かけた場合は是非ともプレイしてみてはいかがでしょうか?

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`