Old Skool Studios(オールド・カジノ・スタジオ)

記事内容

Old Skool Studios(オールド・カジノ・スタジオ)社は2011年にカナダのバンクーバーを拠点に設立されたゲームプロバイダー会社です。

大手企業と比べると確かにまだ新しい会社かもしれませんが、レトロ風なゲームを開発しており、忠実にゲーム開発を進めている優良企業です。

もちろんクラシックスタイルのスロットしか作れないというわけではなく、現代的なデザインやゲーム構成で作られたスロットゲームも開発していて、優れたグラフィックスと機能とスキルを兼ね備えています。

ノスタルジックな世界観と次世代のデジタルグラフィックの両方を併せ持っており、優れたゲーム体験をプレイヤーに提供してくれます。

Old Skool Studios社の特徴

 

忘れられない体験を届ける

Old Skool Studios社はただ単にゲームを作るということだけに力を注ぐだけでなく、むしろユーザーが楽しめる経験を生み出すことを目的としています。

耳障りのいい言葉のように聞こえるかもしれませんが、設立当初からリアルマネーとソーシャルカジノの両方向けのゲームをリリースしてきました。

2014年以降からリアルマネーを使ったゲームを作成することに焦点を当てており、プレイヤーの没入感の向上を第一の目標とし、グラフィックはもちろんのこと数学的計算による演出やペイアウト率などにも緻密に計算されています。

その結果、少数ながらも本当に素晴らしいスロットゲームを開発し、世界中のオンラインカジノへと進出しています。

プレイヤーが爆発的に楽しめる世界を提供し、通常のスロットマシンよりもはるかに魅力的なマシン提供を行っていると言えるでしょう。

最初のS級タイトルとして開発された「Epic City」は、大恐慌の後の世界を描いた「World of Tomorrow」という、人々が当時考えていた未来をイメージした作りであり、ゲームは、青銅と金でできた超高層ビルで満たされた都市をテーマとしています。

超高速の列車と空飛ぶ飛行船が空の王者となっています。

斬新なテーマでプレイヤーを惹きつけるタイトルとして今もなお人気があります。

ボーナス機能、ミニゲーム、フリースピンなど、一般的なスロットを非常に楽しいものになっています。

多くの会社と提携

新しい会社と言うのはなかなか日の目を浴びないものですが、Old Skool Studios社ではクラシックスタイルのゲームなどを基盤にゲーム開発を行っているのですが、多くのパートナーシップと提携することが出来ました。

あの大手ゲームプロバイダー会社のMicrosoft社でさえ、スチームパンクをテーマにしたモバイルアプリの作成を支援するためにOld Skool Studios社に委託したのです。

つまり大手からも注目されるほどのスロットの開発力があると言えます。

他には2016年に閉鎖されてはしまったものの、Quickfire社やOdobo社のプラットフォームなど、かなり注目すべきプラットフォームにゲームが採用されたり、Coral Casino、Mr.Green、Zyngaなどの業界でも有名どころでも、リアルマネーとソーシャルプレイの両方でOld Skool Studiosのクライアントになっていたりと会社自体の評判が高いです。

伝統=古いゲームというわけではない

Old Skool Studios社の作るゲームはレトロゲームを中心に出しているとは言ったものものも決してゲームはそれだけではないですし、ただ古いゲームを作っているというわけでもありません。

彼らの作るゲームにおいては、強力なストーリーテリング要素がありますが、それらを素晴らしい内容としてプレイヤーを最初から最後まで夢中にさせることでしょう。

今後数年間で、さらに多くのものが見られると期待しています。

まとめ

Old Skool Studios(オールド・カジノ・スタジオ)社は2011年にカナダのバンクーバーを拠点に設立されたゲームプロバイダー会社で、レトロ調、クラシックスタイルのゲームを多く開発しています。

伝統の中にも新しさがありますし、今の時代に合った様々なボーナス機能が備わったゲームも開発しています。

何よりもデザインもそうですが、使いやすさ、安定してゲーム環境はもちろん、プレイヤーを飽きさせない丁度いいゲームバランスが特徴です。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`