Pocket Games Soft(ポケットゲームズソフト)

記事内容

Pocket Games Soft(ポケットゲームズソフト)社は2015年にマルタからスタートした若い会社ですが、3年間という短い期間で、アジア・ヨーロッパ・アメリカにオフィスを構え、社員数は200人を超える企業へと成長したゲームプロバイダー会社で、その勢いはとどまることを知りません。

ゲームの開発スピードは決して速いペースとは言えませんが、それはこだわり抜いた作品をリリースしているからとも言えます。

プロフェッショナルのチームから若く才能豊かなクリエイターチームで幅広い人材が集っています。

ゲーム開発においてもプロのミュージシャンの起用したりとチームの内と外の両方が良い効果となって開発づくりに活かされています。

成長著しいPocket Games Soft社は今後日本でもプレイできるところが増えていくので紹介していきます。

Pocket Games Soft社の特徴

 

こだわりの強いゲーム開発

Pocket Games Soft社のゲームのこだわりは非常に細かい所にまで及んでいます。

例えばゲームの進行や状況によってオーディオの周波数を変えたりしており、長時間のプレイでもプレイヤーが疲れないように配慮されていたりします。

また、ベテラン技術者の技術と若く意欲的なクリエイターが一緒になって画期的なゲーム開発をしており、熟練された確かな技術と新しい風をもたらすアイデアが両立している会社と言えます。

さらに国際的なスタジオでゲーム開発が行われており、取り扱っているテーマも国際色豊かです。

リアルな現代をテーマにしたものから、神話、伝説、おとぎ話、童話をそのまま導入するのではなく、Pocket Games Soft社独自のアレンジを加えて開発を行っているため、ありきたりなテーマを新鮮な気持ちでプレイすることが出来ます。

その中には日本をアニメを意識したゲームも作られています。

「リトルレッドVSビッグウルフ」とタイトルも日本語表記で書かれていたりします。

シンプル操作ながらもアニメーションが非常に豊富なのが特徴で、赤ずきんの物語をベースにかわいらしいキャラクターが独自の戦いをしていきます。

可愛い赤ずきんちゃんが変身して斧をかついで豹変し、一気に狼と戦闘モードになるという演出は見ていて実に楽しいです。

ゲーム内の説明は英語ではありますが、直観操作で快適にプレイ出来るので安心です。

このゲームはモバイルに特化してるとは言え、PCでもモバイルサイズでスロットを楽しむことは出来ます。

1つ1つのゲームの作品が極めて高く、こだわり抜かれているのですが、決して複雑なことをすることもないので、初心者の方でもすぐに始めることが出来ます。

2020年3月の時点でこれまでに103各国、91の通貨で展開、21の言語に対応しており、「47」のゲームをリリースしており、4つのポーカーゲームを出しています

まとめ

Pocket Games Soft(ポケットゲームズソフト)社は決して開発スピードは速い方とは言えませんが、1つ1つの作品を細部にまでこだわり抜いた開発を行っています。

従業員数はますます増員し、Pocket Games Soft社に入る前からオンラインカジノ業界に長く携わってきた人はもちろん才能あふれる人を積極的に採用していっています。

特にアジア系のゲームを多く開発していることもあり、アジアで高い評価を得ています。

ありきたりなテーマにPocket Games Soft社のエッセンスの加え方は見事と言えます。

日本のオンラインカジノ市場ではまだそこまで知られてはいないかもしれませんが、日本をテーマにしたゲームをはじめ見ごたえたっぷりの演出の面白いゲームが沢山あるので、是非とも遊んでみましょう。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`