QTech(キューテック)

記事内容

QTech(キューテック)社はフィリピンのマニラ首都に属するマカティ市を拠点に2015年に設立されました。アジアで最も成長の早いゲームプロバイダーとも言われているほどの急成長を遂げています。

QTech社は、フィリピンをはじめとしたアジアを中心に世界中の市場で成長を遂げています。

特にモバイルゲームに会社の中心的な戦略としているのです。

QTech社の特徴

 

バラエティ豊富なゲーム制作

QTech社はこれまでに数多くのゲーム開発に携わってきました。

スロットゲームはもちろんのこと、テーブルゲーム、ライブカジノ、スクラッチカード、バーチャルスポーツなど、オンラインカジノに関するゲームに多く携わってきたことで実績と業界内での信頼も厚くなっています。

若い会社ながらも多くのゲーム開発に携わってきたからこそスキルの引き出しも豊富になっています。

OMI社とパートナーシップ契約

スウェーデンの大手igamingプロバイダーOMI Gaming社との新しい戦略的パートナーシップを発表したことで、これによりアジアだけでなく、ラテンアメリカ、CISに面した地域の発展途上地域のQTechプレーヤーが利用できるようになりました。 

OMIのスロットコンテンツの統合により、QTech社のコンテンツが強化されることは間違いありません。

また、それと同時に、ストックホルムを拠点とするソフトウェアスタジオの影響力がアジアおよびQtechのさまざまなマージン市場に広がっていくことで多くの国・地域でQTech社の優れたカジノゲームが広まっていくことでしょう。

Epic Mediaとの合併

2020年2月4日に新興地域での市場での存在感を高める取り組みの一環として、ゲームの再販業者であるEpic Mediaと合併したことを発表しました。

これによってスロット、テーブルゲーム、インスタントウィン、バーチャルスポーツ、ライブカジノゲームなど、QTech社におけるすべてのゲームポートフォリオがEpic Mediaで利用できるようになります。

Epic Media社の取締役会の戦略顧問を務めるリンドグレン氏はさらに次のように述べています。

「QTechは明らかにアジアのリーダーであり、他の主要な成長領域は急速に一致しています。彼らの独自技術は、素晴らしいゲームを提供するだけでなく、魅力的な機能を追加するだけのアグリゲーターであることを意味し、QTechの市場での地位をユニークにします。」

オンラインカジノ業界においてますます存在感を示してくれることでしょう。

まとめ

QTech(キューテック)社はフィリピンを拠点に2015年に設立され、アジアにおけるゲームプロバイダー会社の中でも存在感で日ましに強くなっています。

これまで数多くのゲーム開発で培ってきたノウハウと提携によってより多くの方に周知されていくことが今後期待されています。

日本のオンラインカジノ市場でも今後QTech社のプロバイダー名で表示されるところが増えてくると思いますので是非とも遊んでみましょう。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`