Rival Gaming(ライバル・ゲーミング)

記事内容

Rival Gaming(ライバル・ゲーミング)社は2005年にスタートしており、世界中で数多くのオンラインカジノオペレーターといくつかと提携しています。

B2B開発者であり、カジノゲームとソフトウェアのサプライヤーとして膨大なゲームポートフォリオの中にはスロットゲームだけでなく、テーブルゲーム、ビデオポーカー、特殊ゲーム、レッドドッグ、クラップス、キノなどバリエーション豊富にカジノゲームを開発しており、その数は150を超えています。

特にスロットゲームにおいては大ヒットしたゲームなどもリリースしたりとオンラインカジノを長年知っている人はRival Gaming(ライバル・ゲーミング)社は知る人ぞ知るヒットメーカーと言えるでしょう。

 

Rival Gaming(ライバル・ゲーミング)の特徴

 

プレイヤー欲する機能とテーマが充実している

Rival Gaming(ライバル・ゲーミング)社の作るゲームはユーザーを研究し求めているものを提供していると感じます。

魅力的なグラフィック、サウンド、ユニークでエンターテイメントにあふれたボーナスや機能が効果的にゲーム中に組み込まれており、様々なテーマに命を吹き込みます。

テーマごとに細かくシンボルを変えて、テンプレート化しないように作りこんでいるのはスロットに対する愛があるからと言えます。

明確な企業理念と実行力を持つ企業である

 

Rival Gaming(ライバル・ゲーミング)社が掲げる哲学はシンプルです。

『人々がプレイするのが大好きなゲームを構築し、それらのゲームを効果的に市場に出すためのサービスとサポートを提供する』ということを創業当時から変わらずに守り続けています。

そんなRival Gaming(ライバル・ゲーミング)社が徹底しているのは以下のことです。

■フルカジノバックオフィス

Rival Gaming(ライバル・ゲーミング)社のプラットフォームは業界のベンチマークとなったほどで、データベースと直接通信することにより、柔軟性があり、使いやすく、そして最も重要なことに、ボタン1つで重要な情報に即座にアクセスできるようになっており、オンラインカジノオペレーターからも評判がいいです。

■ゲーム開発

根本であるプレイヤーを常に意識したゲーム作りを行っている。

■アフィリエイトプラットフォーム

マーケティングソフトウェアを使用することで、正確、効率的かつ簡単に作成、追跡、管理することができるということでアフィリエイターの方にも高評価です。

■顧客サポート

疑わしいアカウントを自動的に検出して対処するための独自の不正防止ソフトウェアなどを導入している。

B2Bの側面もありますが、プレイヤーとオンラインカジノオペレーターの両方において効果的な運営、マーケティング、開発、提供、管理の部門で常にコントロールをしていることで安定した運営を行っていることが分かります。

 

まとめ

Rival Gaming(ライバル・ゲーミング)社は2005年にスタートしてこれまでに世界中で数多くのオンラインカジノオペレーターと提携し、B2B向けプラットフォームとオンラインカジノゲーム開発のゲームプロバイダー会社の両方の面を持っています。

Rival Gaming(ライバル・ゲーミング)社が掲げる哲学はシンプルで好感が持て、それを実行する実力と情熱を持っているといっていいでしょう。

これまでに開発してきたオンラインカジノのゲーム数は150を超えており、テンプレート化せずに1つ1つにこだわりを持ち、プレイヤーを見据えて多様な機能とボーナスを搭載しています。

日本ではまだまだ知名度的には低いものの大ヒットゲームなどをいくつもリリースしていて、コミックスタイルをはじめとした日本のプレイヤーにもマッチしたゲーム開発をしているのでぜひとも遊んでみましょう。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`