Salsa Technology(サルサ・テクノロジー)

記事内容

Salsa Technology(サルサ・テクノロジー)はブラジルを拠点にラテンアメリカを中心にゲーム開発を行っているゲームプロバイダー会社です。

Salsa Technology(サルサ・テクノロジー)は、2020年1月に社名を「Patagonia Entertainment」から変更しました。この新しいアイデンティティは、グローバル化、ローカリゼーション、イノベーションをさらに加速させることでしょう。

同社はオンラインカジノ向けのビデオビンゴゲームの開発プロジェクトとして最初はスタートしたのです。

ラテンアメルのすべての規制市場向けに完全にローカライズされ、スペインとポルトガルに重点を置いたカジノゲームを開発しています。

 

Salsa Technologyの特徴

 

着実に成長とシェアを広げていく技術開発

2014年から、より現代的でいち早くモバイル版開発と適応できる新しいゲームの開発に専念したことで大きな成長へと繋がりラテンアメリカのさまざまな場所で受け入れられ、ラテンアメリカで最も有名なビデオビンゴゲームプロバイダーの1つへと成長しました。

2016年には、ポートフォリオに他のゲームプロバイダーとの統合することを始め、それと同時にビデオビンゴに加えて、スロットやテーブルゲームなどの提供もスタートさせ、さらにオンラインカジノへのゲームバリエーションを増やしていき、高い評価を得ています。

 

独自のプラットフォーム「GAP」を提供

Salsa Technology社は2018年から、オンラインカジノへとゲームコンテンツの提供だけでなく、ゲームプラットフォーム「AutoGameSYS」の買収により、独自のオンラインゲームプラットフォームの開発・提供を行うオムニチャネルプラットフォームへと変革しました。

ゲームアグリゲーションプラットフォーム「GAP」は、40を超えるコンテンツプロバイダーを擁し、ラテンアメリカをはじめ、世界トップクラスのタイトルの幅広いポートフォリオにアクセスできるようにします。

サービスの質とクライアントやパートナーのサポートを常にアンテナを張り、多くの時間を費やし、プロフェッショナルなチームによって高品質で数多くのゲームを世界中へと配信し続けているのです。

Salsa Technology社のゲームプラットフォームは、さまざまな機能と仕様を提供します。

プラットフォームではクライアントが選択した最終的なインターフェイスに対してスムーズかつ即提供を行っています。

スポーツベッティング、ライブベッティング、ビンゴおよびカジノゲーム、テーブルゲームが含まれます。

ランドカジノのオンラインバージョンをシームレスに接続し、オムニチャネルプラットフォームシステムを維持します。

Salsa Technology社が掲げる目標としてオンラインカジノゲーム業界にテクノロジーを提供するリーディングプロバイダーとなることで、目標に向かって確実に広まています。

 

まとめ

Salsa Technology(サルサ・テクノロジー)はブラジルを拠点にラテンアメリカを中心としたゲーム開発と独自のプラットフォーム「GAP」を提供することで確実に成長を続けているゲームプロバイダー会社です。

最初はビデオビンゴゲームからスタートし、そこから様々なオンラインカジノゲームを提供し、その後プラットフォーム開発・運営・提供を行い、今では40を超えるプロバイダーがプラットフォームを介して世界中のプレイヤーへとゲーム提供を行っています。

まだまだ日本ではあまり知られていないですが、着実に成功、そしてシェアを広げているので、いち早くSalsa Technology社が提供するオンラインカジノゲームを体験してみてはいかがでしょうか・

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`