SoftSwiss(ソフトスウィス)

記事内容

SoftSwiss(ソフトスウィス)社は2008年にキュラソー領に本社を置き、ベラルーシで開発されたソフトウェアを使用して、世界中のクライアントとパートナーにサービスを提供しているゲームプロバイダー会社です。

彼らは豊富な専門知識を用いて急速に成長しているiGaming市場におけるソフトウェア開発者とiGamingオペレーターの両方において着実に知名度を広げています。

またオンラインカジノソフトウェアプラットフォームの開発を2012年9月に開始しました。並み居る大手会社との競争に苦労しつつも最高で最新テクノロジー、革新的な設計、およびサービス提供の柔軟性とフットワークを活かして戦略で徐々に広がりを見せています。

最初は小さなスタートアップとして立ち上げられたSoftSwiss社ですが、顧客のニーズと主要なソフトウェア開発で高い評価を受けて収益性の高い企業へと成長し、今日、ビットコインゲームソフトウェア市場で世界をリードする会社にまで成長を遂げました。

 

SoftSwiss(ソフトスウィス)社の特徴

 

バリエーションに富んだゲーム開発

SoftSwiss社が開発スロットは、テーマやデザインが豊かで、個性があり、プレイヤーを楽しませてくれます。

これらのゲームは、非常にユニークで創造性が溢れ、グラフィックとサウンドを高いレベルで維持され、どれもが調和がとれており、SoftSwiss社の作るゲームはヨーロッパ市場を中心とし、様々なオンラインカジノで愛されています。

最初は正直レベルの高いと言えるゲームは開発しておらず平均的なクオリティでしたが、技術の進歩に合わせて今は非常に高いレベルの開発を行っております。

また、スロットゲームだけではなく、ミニゲームからクライアントとプレイヤーが望むゲーム開発を行っており、カードゲーム、テーブルゲーム、ビデオポーカーなどを遊ぶことが可能です。

スロットゲームにおいては日本をテーマにしたスロットゲームをはじめ、古今東西の文化・伝統・暮らし・神話・伝記・ファンタジー・SFなど様々なジャンルでのゲーム開発を行っています。

 

世界11カ国のライセンスを取得

SoftSwiss社は確実に世界に向けて自社ブランドを広げていっています。

そのブランドを広げていく上に信頼されるのがライセンスの取得と言えるでしょう。

オンラインカジノやスポーツベットの運営を行うにあたって安定した認定ソフトウェアを提供をモットーとしているため、多くのギャンブルライセンスを保持しており、きちんとした第三者機関による認定をその土地ベースで取得しています。

各国の規制当局の厳しい管理課の元、2020年10月現在で世界11カ国(キュラソー・マルタ・エストニア・ベラルーシ・ベルギー・ドイツ・スウェーデン・フィリピン・セルビア・ギリシャ・ガーナ)でライセンスを取得しています。

プレイヤー、オンラインカジノサイト双方において安心・安全なゲーム提供を行っているのです。

 

まとめ

SoftSwiss(ソフトスウィス)社は2008年にキュラソー領に本社を置き、ベラルーシで多種多様なゲーム開発を行っています。

世界11カ国の厳しいライセンス管理下の元で安心・安全のゲーム開発を行っています。

スロットもバリエーション豊富ですが、開発もスロットだけにとどまらずテーブルカジノ、ビデオポーカー、スポーツベットなど多岐に渡って世界中に提供している優れたゲームプロバイダー会社と言えます。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`