日本IR計画カジノゲームはポーカーやバカラなど9種類を予定

記事内容

朝からGoodニュース?が飛び込んできました。

2021年4月2日においてカジノを含む統合型リゾート(IR)計画において、事業者などを管理・監督する政府のカジノ管理委員会は日本で今後解禁されるカジノで認めるゲームについて「ポーカー」や「バカラ」など日本でも有名なトランプカジノゲームを含めて9種類とする施行規則案が公表されました。

また、5月9日まで行う意見公募を経て、カジノの施行規則が決定するということです。

9種類のゲームはバカラ・ブラックジャック・ポーカー・ルーレット・シックボー・クラップス・カジノウォー・マネーホイール・パイゴウなど幅広いです。

個人で勝負を楽しむものからクラップスやマネーホイールなども組み込まされており、さらにアジアで人気のパイゴウといったゲームもあります。

この組み合わせを見ると確実に日本人向けというよりも海外からの渡航者をターゲットにしているのが分かります。

規則案ではまた、不正防止のために反社会的勢力とのつながりの有無を免許交付の判断要件とすることや、役員やディーラーなどの犯罪歴や破産歴を事前に調査するとのことです。

これは海外のカジノと同じスタンスで行われています。

さらにギャンブル依存症対策として、カジノ事業者は、依存症の疑いがある利用者に対して最低1年以上の入場禁止または入場回数を制限するとのことですね。

事業者に、利用者や家族ら向けの相談窓口設置を義務づけることも明記したとありますが、ギャンブル依存症対策においては日本のパチスロ店でも義務付けした方が良いのではないか?って個人的には思います。

どんどん日本でのリゾートカジノが現実味を帯びてきましたので楽しみではありますね。

一早くオンラインカジノでカジノゲームを理解して日本のカジノが解禁になった時に遊んでみたいですね!

日本版カジノ、ポーカーやバカラなど9種類OK 政府管理委が案(毎日新聞)

#Yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3d87c0f0f49356832ca5a05dc17fe8c1d399ce1

 

 

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`