ENDORPHINAの法務部長がドイツの規制や条約についての意見を語る

記事内容

2021年6月9日にゲームプロバイダー会社として業界でも存在感を見せているEndorphina社の法務責任者であるJakub(ヤコブ)氏がドイツの新しい規制や条約などについて、インタビューに応じ、専門的な見解や考えを述べました。

※ドイツのオンラインカジノ市場についての記事ですが、日本もIR事業からの今後オンラインカジノが正式に法律で認められる流れになった場合の参考になると考えています。

 


Q.オンラインカジノのドイツ市場とはどういったもの?

A.ドイツはもともとかなり複雑な市場でした。オンラインギャンブルを完全に合法化するためには、新しいギャンブル法の制定が急務でしたが、ようやく2020年に新法が導入されて希望が見えてきました。

そして2021年春、新しいギャンブルに関する条約を承認する州の数が条件を満たしドイツのギャンブルに関する州条約、通称「Der Glücksspielneuregulierungstaatsverag」が2021年7月1日から発効することになりました。


Q.賭博に関する条約が7月に発効するということは、7月からすべての事業者はドイツの規制当局が発行するそれぞれの賭博ライセンスを取得しなければならないということですか?

A.いいえ、決してそのような意味ではありません。ドイツはまだそこまで進んでおらず、まず新しい規制機関を設立するという段階です。この機関を設立するための作業は現在進行中で、情報筋によると2022年末までには完全に運用される予定です。


Q.規制機関がまだ設立されていない場合、ドイツはギャンブルに関する条約で導入された新しいルールをどのように適用・施行するのですか?

A.移行制度が導入され、現在のギャンブルに関する州間条約ではまだ認められていないデジタルスロットマシンやオンラインポーカーなどの特定のオンラインギャンブルについては、事業者が技術的に実現可能と認められる一定の要件を満たせば、施行を免除するというガイドラインが定められています。

基本的には、事業者と政府との間の「紳士協定」のようなものです。しかし、このような「ガイドライン」は、有効な法律と間違えてはいけません。


Q.経過措置のガイドラインを遵守するためには、どのような要件を満たす必要がありますか?

それは、さまざまなルールがあります。例えば、バーチャルスロットゲームでは、最大ベット額は1ユーロでなければならず、スピン時間は5秒以上でなければならず、ジャックポットやオートスピンは認められていないなど細かなルールが適用されています。また、リアリティチェックは、60分間中断することなくセッションを行った後に起動しなければならず、その後、プレイヤーは5分間のクールダウン休憩を取る必要があり、その間はベットすることが出来ません。このように、ギャンブルに関する新条約は、プレイヤーの保護とギャンブル依存症の防止に重点を置いています。


Q.新しい規制の中で問題となる部分はありますか?

規制の観点からは、常に問題のある部分や課題があります。規制当局はプレイヤーを保護しようとしますが、一方で、ゲームは他の市場と比べて魅力的でなければなりません。ですから、ジャックポットの不足、スピン時間の不足、ベット額の条件1ユーロといった縛りは、ゲームの魅力を損なう可能性が十分にありますし、税金の話をする前にも問題があると思います。

A.税金の何が問題なのか?

ポーカーとオンラインスロットには、すべての賭け金から5.3%の新たな税金を課すことが提案されています。スロットゲームの平均RTP(Return to Player)率が96%であることを考えると、このような課税は、オペレーターがスロットで損をしていることを意味します。

実際、スロットからの収益をこの税金がない場合と同じにするためには、スロットのRTPを下げなければなりません。ここで、プレイヤーにとってのゲームの魅力に戻ります。RTPの低いゲームをプレイするのではなく、ワンクリックでRTPの高い同じゲームが規制のないカジノでプレイできるのに、なぜRTPの低いゲームをプレイするのでしょうか?

このような理由から、多くの専門家は、このような課税によってプレイヤーがブラックマーケットに流れてしまうことを恐れています。この課税はまだ合意されていませんが、残念ながら実際に起こる可能性は高いと思われます。ベットの制限やスピンの持続時間などを考慮しても、ドイツは非常に興味深い市場ですので、ドイツ議会が課税案を再考してくれることを願うばかりです。


■まとめ

今回のドイツの新しい規制においてEndorphina社の法務責任者であるJakub(ヤコブ)氏が答えてくれた内容をまとめるとドイツの新規制において被害を被るのがプレイヤー側です。

他の国のオンラインカジノ市場では自動スピン、高速スピン、ベット額が100ユーロを超えてのベットが出来、さらにドイツで税金が加算されることを考えるとどうしてもオンラインカジノの魅力が下がり、ドイツ内のオンラインカジノを利用しようとは思えなくなるでしょう。

そうなれば他の国のサイトを利用するということに繋がります。

厳しく取り締まるにしても魅力値が下がるようなことはしてはいけないですね。

今後のドイツの市場についてどうなっていくのかは動向をチェックしておきたいところです。

日本ではパチスロが厳しく規制されたことでオンラインカジノへとプレイヤーが移行しています。それと同じようなことがドイツ市場でも起こりそうです。

 

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`