Greentubeはプレイヤー保護のためにBetBlockerに寄付を行った

記事内容

NOVOMATIC Interactive部門であるGreentubeは、自己排除ソフトウェアの開発をサポートするために、毎年恒例のResearch、Entertainment and Treatment(RET)の貢献の一環として、BetBlockerに寄付を行いました。

BetBlockerは、寄付によって完全に資金提供され、UK Gambling Commission(UKGC)によって正式に承認された組織であり、プレーヤーがデバイスにインストールして膨大な数のギャンブルWebサイトへのアクセスをブロックできる無料のアプリケーションを提供しています。

簡単に言うとプレイヤーに対して健全で安全なゲームプレイが出来ることを目標に作られました。

Greentubeの寄付は、同社のiOSアプリの改善に投資されており、ユーザーが成人向けのアプリケーションを制限できるようになります。また、アプリの保護をバイパスすることをより困難にするセキュリティシステムのアップグレードもサポートしているとのことです。

GreentubeからRETへの寄付は、UKGCが要求する自主的な資金提供モデルの一部であり、これを通じて、プレーヤー保護対策の推進とギャンブル関連の危害の治療に関する研究を促進します。同社はGambleAwareにも寄付していたりと企業としての社会責任をしっかりと実行に移しています。

Greentubeの最高法務責任者であるTrevor DeGiorgioは次のようにコメントしています。

「GreentubeからのこのRET寄付は、プレーヤー保護イニシアチブを強化し、責任あるゲームの焦点がビジネスの中核を通過することを保証するという私たちの献身を強調しています」と「私たちは、ユーザーとオペレーターの両方にソフトウェアを無料で提供するというBetBlockerの取り組みを完全にサポートしています。私たちは引き続き組織と協力して、ユーザーがオンラインギャンブルへのアクセスを制御できるように、アプリケーションが可能な限り効果的であることを確認します。」

BetBlockerのDuncanGarvie氏は、次のようにコメントしています。

「Greentubeは、BetBlockerプロジェクトを前進させ、サポートする業界で最初のグループの1つです。彼らの寄付は、過度のプレイに対して脆弱であると感じている期間にオンラインギャンブルサービスへのアクセスを制限することにより、現在アプリを使用している何千人もの人々が責任を持ってギャンブルを管理するのを支援するのに直接役立ちます。

彼は続けます。「Greentubeが資金提供した変更により、iOSアプリが大幅に改善されます。BetBlockerチームの全員が、疑う余地のない市場リーダーの1人がプロジェクトにこのような早い段階で関心を持ってくれたことに非常に感謝しています。」

 

オンラインカジノにおいて世界中でギャンブル依存症に苦しんでいる人は多いです。

日本の利用者はまだまだ世界的シェア率でみると少ないもの、日本にはパチスロがあり、実は世界でも断トツのギャンブル依存症患者がいます。

企業側がトラブルを予防することに対して積極的に行っていることは非常に良い取り組みとなります。なかにはアピールだ!っていう人もいるかもしれませんが、事実これによりプレイヤーの健全性が向上することはとても素晴らしいことです。

こういった取り組みがどんどん業界内で広がっていくことに期待したいですね!

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`