MENU

IGTは、iSoftBetを1億6000万ユーロで買収するための最終契約を締結

iGamingのグローバルリーダーであるIGT(旧Gtech、Lottomatica)は、iSoftBet(アイソフトベット)を現金約1億6000万ユーロで買収する正式契約を締結したと発表しました。

2021年だけで約3000万ユーロの収益を上げ、そのポートフォリオは現在、約「125」の自社タイトルに続き、GAPプラットフォームを通じて「4,600」以上のサードパーティーのリリースを含んでいます。iSoftBetはイギリス、マルタ、ルーマニアに拠点を置き、約350人の従業員と契約社員を抱え、「260」のiGamingオペレーターにサービスを提供し、その製品はヨーロッパの「20」の管轄区域で認証されています。

IGTは、この事業のグローバルリーダーとして、宝くじ、スロットマシン、スポーツブック、デジタルなど、あらゆるベッティングチャネルを通じて、世界中のプレーヤーに楽しいゲーム体験を提供しています。

IGTは、100州以上の規制当局と積極的に協力し、現地でのプレゼンスを確立しており、サービス、誠実さ、責任の最高基準を遵守することで価値を提供し続けています。

IGTは、10,500人の従業員を擁し、市場における豊富で魅力的なコンテンツの活用、イノベーション、プレイヤーインサイト、運営ノウハウへの多大な投資という点で、安定した方針をとっています。

IGTは、iSoftBetを1億6千万ユーロで買収することにより、PlayDigitalのコンテンツライブラリーを約「225」の独自ゲームに拡大する予定です。さらに、このプラットフォームでは、最近発売されたPlunderin’ Piratesなどのトップクラスのサードパーティゲームを提供する予定です。

ホールド&ウィン、ゴールドディガー・メガウェイズ、または2021年の受賞タイトルであるモリアーティ・メガウェイズなど、トップクラスのサードパーティゲームを提供します。

また、データに基づいたプロモーションツールやユーザーエンゲージメントツールもパッケージに含まれます。

IGT CEO、Vince Sadusky氏は次のように述べています。

『iSoftBetの買収は、市場でテストされた独自のデジタルコンテンツ、高度なゲーム集約能力、拡張可能なプロモーションツール、分析、強力なクリエイティブな才能をIGTのPlayDigital業務に提供します “とは説明しています。このプラットフォームは、トップクラスのサードパーティゲームの選択を提供します。』

とコメントしています。

これにより、IGT社が提供する最高水準のゲームと技術により、PlayDigital社は、欧州全域および北米における包括的なカジノ・ポートフォリオで競争力を強化することができます。

なお、買収は2022年第2四半期に完了する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる