Lady Luck Gamesが750,000ユーロの取引でRevolver Gamingを引き継ぐ

記事内容

スウェーデンのゲームプロバイダーであるLady Luck Games(レディ・ラック・ゲームズ)は、ロンドンに拠点を置くRevolver Gaming(リボルバー・ゲーミング)を750,000ユーロで購入を検討していることを発表しました。

この金額は、一般的なケースと同様に、現金と株式の両方で支払われます。

15個のRevolver Gaming(リボルバーゲーミング)の高額買取

 

Revolver Gamingは、主にHTML5スロットマシンの制作に力を入れているスタジオです。Revolver Gamingはこれまでに15本のゲームを所有しており、すべてのタイトルは、独自のRGSプラットフォームで配信されています。現在、このプラットフォームは30回近く統合されています。そのため、Revolver Gamingのゲームは、ヨーロッパ、南米、アジアで運営されているカジノで利用でき、日本市場のオンラインカジノでもプレイが可能です。

一見すると15本のゲームに75万ユーロ(日本円で97,000,000円/2021年11月24日時点)ではかなり高いと思われるかもしれませんが、Lady Luck Gamesはこの小さなスタジオに未開発の可能性を見出し、購入を決定したのです。

 

レディ・ラック・ゲームズがリボルバー・ゲーミングを買収

Revolver Gamingが取引を受け入れた場合、Lady Luck Gamesは2人のiGamingのベテランを責任者に据える。「Carl Waahlin」氏と「John Penntoft」氏です。

Waahlin氏とPenntoft氏は、新しい運営パートナーとなりますが、Waahlinは20年以上もこの業界に携わっています。Waahlinは、iGamingとハイテク企業の両方に投資することで有名なPenntoftと同様に、アジア市場にも精通しています。

今年初め、Lady Luck Games社はデンマークのSpigo ApS社も買収しましたが、同社幹部のMads Jørgensen氏によると、やめるつもりはないとのことです。

Jørgensen氏は、これは同社の買収戦略の一環であると説明しています。Jørgensen氏は、Lady Luck Gamesのポートフォリオに新たに加わったことは、明らかに強みの表れであると考えています。

Revolver Gamingの創設者であるDaniel Lazarus氏は、彼らの興奮を共有しています。彼は、この合併に興奮しており、関係するすべての企業にとって「素晴らしい」ものになると考えているそうです。また、Lazarus氏は、交渉が始まって以来、Lady Luck Gamesの情熱とビジネス手法には感心することばかりだったと述べています。

Lady Luck Games社は日本ではまだあまり知られていませんが、非常にユニークで独創的なカジノゲームを手掛けており、着実に世界中で注目され始めています。

これからますます勢いを増していくことは間違いないでしょう。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`