LeoVegasが独自のゲームスタジオ「Blue Guru Games」を立ち上げ発表!

記事内容

LeoVegas は、新しく革新的なゲームを開発するために、独自のゲームスタジオ「Blue Guru Games」を立ち上げます。

このスタジオが開発するゲームはLeoVegas専用のゲームを開発するだけではなく、他のオペレーターにもゲームを提供する予定とのことで、ファーストタイトルは2021年後半にリリースされる予定とのことで楽しみですよね!

LeoVegas Mobile Gaming Groupは、LeoVenturesを通じて、Blue Guru Gamesゲームスタジオを立ち上げ、LeoVegasの所有権は85%となります。

同社は当初から、ゲーム開発において20年以上の経験を持つチームを擁し、LeoVegas社の経験と知識をすべて活用します。

つまり自社のオンラインカジノの運営実績と共にユーザーが何を求めているのかのニーズを理解し、そのマーケティングを活かしたゲーム戦略が出来るということです。

このスタジオでは、グループの自社ブランドおよび他のゲームオペレーター向けにゲームを開発・提供します。今後24ヶ月間で、Blue Guru Gamesを通じて少なくとも20本のゲームを制作することを目標としているということです!

およそ1カ月に1度のペースで出現するということでかなりいいペースと言えるのではないでしょうか?

■LeoVegasのグループCEOであるGustaf Hagmanは次のようにコメント

「長い間、当社は外部のプロバイダーの助けを借りて独占的なゲームを制作してきましたが、今、ゲーム開発を完全に自社で行うための一歩を踏み出す時が来ました。”当社のデータとカジノに関する知識を活用することで、イノベーションを推進し、お客様に心から楽しんでいただけるゲームを作ることができます。当社のデータとカジノの知識を活用して、イノベーションを推進し、お客様に心から楽しんでいただけるゲームを開発します。さらに、マーケティングに活用できるゲームやユニークなキャラクターを生み出すことで、当社ブランドへのロイヤリティを高めていきます。ゲーム制作に大きな柔軟性を持つことは、競争上の優位性であり、また、将来的には新たな収益源となるでしょう」。

Blue Guru Gamesスタジオは、LeoVegasが現在利用している他の60のカジノゲームプロバイダーのゲームを補完します。

このスタジオの最初のゲームは、2021年末にリリースされる予定です。また、これらの独自ゲームは、レオベガス社にIP権を与え、キャラクターやゲームの使用方法に柔軟に対応できることを示しています。

この新しいゲームスタジオは、ゲーム業界のバリューチェーンにおいて、より大きなシェアをコスト効率よくコントロールするというレオベガスの戦略の一環です。LeoVentures社は、Blue Guru Games社の他に、CasinoGrounds社、Pixel.bet社、SharedPlay社などにも投資をしており、また、スポーツベッティング企業であるExpekt社も買収しました。

LeoVegasは一部上場企業であり、非常に業界でも【キング・オブ・モバイルカジノ】と言われているほど、スムーズな操作性や安定したゲーム環境。

2つのゲームを同時にプレイする「レオ・マルチプレイ機能」を開発し、高い評価を得ています。

将来は「レオ・マルチプレイ機能」でBlue Guru Games社のゲームを同時プレイなどをしてみたいですね!

レオベガスではウェルカムボーナスなども充実しており、日本人スタッフがサポート対応をしてくれているので興味がある人はぜひとも遊んでみましょう!

 

レオベガス公式サイトはこちら

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`