Playtech社がHollandCasinoとの新規契約を発表

記事内容

2021年5月18日にPlaytech(プレイテック)社は、オランダのHolland Casino(ホーランド・カジノ)社との長期的なパートナーシップの継続を発表しました。今回の契約は、オランダがオンラインギャンブル店舗のライセンスを開始する準備をしている中で、特に重要な意味を持っているということで注目を集めました。

今回の新しい契約の一環として、Playtech社はHolland Casinoのすべてのプラットフォームにおける戦略的技術サプライヤーとなります。

また、Playtech社は、Holland Casinoの14の拠点のうちの1つの近くにライブカジノ施設を建設し、これをオンラインで利用できるようになります。

両社は、すでにかなり以前から綿密に協議し、協力関係にあります。

2014年にPlaytech社は、オランダの規制対象となるギャンブル市場であるHolland Casinoに技術を提供する契約を結びました。

様々な後退が蹴られ、その発売はなんと2021年10月まで延期されました。

しかし、4月1日にオランダが「Remote Gambling Act 2021」を可決したことで、これ以上のイレギュラーはないでしょう。

これにより、同国のギャンブル規制機関であるKansspelautoriteitがオンラインギャンブルのライセンスを発行できるようになります。

どの事業者が申請したかという情報は公開されていませんが、現時点ですでに賭博当局は28件のライセンス申請を受理したと報告しています。

オランダの明るい未来が待っています。

Holland Casinoは、オランダの国営大手ギャンブル会社です。オランダ国内に14の店舗を所有しています。現在、規制されるようになったオランダのiGamingに一石を投じようとしていることは間違いありません。

そのためには、かねてから協議を進めていたPlaytech社の技術が重要な役割を果たすこととなります。

Playtech社のCEOであるMor Weizer氏は、今回の買収について喜びの声が挙げています。

今日に至るまでのPlaytech社の経験とHolland Casinoの地元での評判を組み合わせることで、この市場でのオンラインの成長を促進することができると確信しているとコメントを出しています。

この2つの化学反応によって、10月の市場開設時にHolland Casinoに多くの競合他社に対する優位性を与える可能性があります。

両社にとっては2021年が待ち遠しいものになることとなるでしょう。

とはいえPlaytech社の今年の大きな動きは、これが初めてということではなく、先月もComeOnグループと同様の契約を結び、さらに、米国初のライブカジノをミシガン州にオープンしました。これらの動きは、3月に前年同期比での減益を発表した後に行われたものです。

Holland CasinoのCEOであるErwin van Lambaart氏は、Holland Casinoのこの分野での実績に触れ、Holland Casinoには、国内のトップカジノに最高品質の製品を提供できる専門知識と経験があると述べています。

Holland Casinoは、今回の契約のみならず、同社は最近、RegtechプロバイダーとなるTruNarrative社との提携を発表したりと他の契約でも忙しくしています。

Playtech社は、1999年にエストニアに設立され、現在はマン島を本拠地としていますが、設立以降iGaming業界の主要なプロバイダーの一つとしての評判を得ています。20年以上の経験を持つPlaytechは、世界中のカジノに最高品質のコンテンツを提供している間違いなくこの業界を代表するゲームプロバイダーの1つです。

ロンドン証券取引所に上場しており、24カ国以上で事業を展開、約6,400人の従業員を擁しています。

大手によってこじ開けられたオランダ市場がどう展開されていくか2021年10月は非常に注目の月と言えるでしょう。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`