MENU

Pragmatic Play社がスーパーセブンとのライブ提携をブエノスアイレス市で開始

iGaming業界をリードするコンテンツプロバイダーであるPragmatic Play(プラグマティック・プレイ)は、オペレーターのSuper 7と提携し、アルゼンチンのブエノスアイレス市で受賞歴のあるスロットタイトルのポートフォリオを提供し、ラテンアメリカへのさらなる進出を果たしました。

この契約により、ブエノスアイレス市のプレイヤーは、Sweet Bonanza、プレイヤーに人気のThe Dog House Megaways、最近数々の賞を受賞したGates of OlympusなどのPragmatic Playの主要スロットコレクションを利用できるようになりました。

プラグマティック・プレイのラテンアメリカ地域での成長は、この最新の契約でも続いており、この成長市場において先駆者としての地位を維持するというプラグマティック・プレイの意思をさらに示しています。

プラグマティック・プレイのラテンアメリカ事業担当副社長であるビクター・アリアスは、次のように述べています。

『私たちは、ラテンアメリカとブエノスアイレス市の管轄区域で大きな成長を遂げました。著名なオペレーターであるスーパーセブンとの最新のパートナーシップにより、さらに多くのプレイヤーに当社のゲームを提供する機会を得ることができ、嬉しく思っています。』

とコメントしています。


スーパーセブンのシャイ・ローゼンツビットは、次のように述べています。

『プラグマティック・プレイの強力で魅力的なスロットは非常に人気があり、当社の忠実な顧客ベースにそれらを提供できることは、当社の品質へのコミットメントの表明と言えます。我々は、一緒に実りある関係を楽しみにしています。』

とコメントしています。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる