MENU

Quickspin社は支援団体Viskogen社と共に植樹を実施

Quickspin(クイックスピン)が成長すれば、森も成長する – 貧困と気候変動に立ち向かうために新入社員のために植樹を行っています。

Quickspinでは、企業の社会的責任は、ビジネスイベントや採用の場面で投げかけられるような、単なる空想の言葉ではありません。私たちがCSRを重視するのは、私たちが何者であるかに深く根ざしているからです。だからこそ私たちは、すべての国連加盟国が採択した、現在と未来の人々と地球の平和と繁栄のための共通の青写真である持続可能な開発目標のうちのいくつかと連携しているのです。

支援団体Viskogenとともに植樹を実施

植樹は、私たちが地球を助け、目標リストの15番をサポートする方法です。陸上での生活 この国連目標については、こちらで詳しくご紹介しています。

2019年から、私たちはスウェーデンの支援団体Viskogen(ヴィスコゲン)と協力して、貧困と戦い、アフリカ東部の環境と人々の生活を改善するために植樹を行っています。植樹は、ビクトリア湖周辺に位置するケニア、ルワンダ、ウガンダ、タンザニアの4カ国で行っています。

2019年からは新入社員1人につき1本の木を植えるほか、毎年開催している「Motionsrace」(「エクササイズレース」)の優勝者に代わり、2020年に250本、2021年に5000本の木を追加で寄贈しています。

なぜ木を植えるのか?

植林は、アフリカ東部の地域社会にとって大きなメリットがあります。人や動物の食料、雇用機会、日陰、そして気候変動に強い自然生態系を提供します。以下、アグロフォレストリーの重要性について、ヴィスコジェン社のウェブサイトから抜粋

この方法は、作物や家畜の間に木を生やすことで、すべての関係者が互いの利益を得られるようにするものです。木は日陰を作り、家畜の餌となり、堆肥の材料となり、土の中の水分を増やしてくれます。アグロフォレストリーの木は、実際に消費した以上の水を与えてくれるのです。

アグロフォレストリーは自然の生態系を回復させるのに役立ちます。その結果、より多くの収穫、より快適な気候、そして気候変動の影響に対する回復力を高めることができるのです。

クイックスピンのピープルパートナー、マチルダ・ボマン氏は

『Quickspinでは、企業の社会的責任は私たちが深く気にかけていることであり、すべての国連加盟国が採択した持続可能な開発目標の多くに強い関心を寄せています。Viskogenと一緒に植樹をすることで、東アフリカのいくつかの国で貧困と戦い、環境を改善する手助けをしています。これは、Quickspinの従業員であることに感謝すると同時に、最も必要としている人々を助ける素晴らしい方法なのです。』

とコメントしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる