MENU

国際女性デーを記念し、Relax Gamingで働く6人の女性社員に話を紹介

2022年の国際女性デーを記念して、Relax Gamingのヨーロッパオフィス拠点で異なる役割を担っている6人の女性社員に話を伺いました。

それぞれの仕事の進め方や、現在に至るまでの道のりをご紹介します。

Relax Gaming社が誇る6人の女性社員の紹介

 


タナボディ・トンチャット氏

2Dアーティストスウェーデン

1. 現在の職務に就こうと思ったきっかけと、そこに至るまでの道のりを教えてください。

私は典型的なアジアの家庭で育ち、将来の進路は両親によって決められていました。10代は両親の計画に基づいて勉強や将来の準備をし、自分は何も言えないという無力感にさいなまれた日々を過ごしました。

しかし、絵を描くことで、私は自分の声を発見し、今まで経験したことのないような自己表現ができるようになりました。学校の教科書は落書きで埋め尽くされていました。数学の授業でゴジラが微積分の問題を解いていたり、物理の授業でエピックガンダムが戦っていたり、物心ついたときにはずっと落書きを続けていたのです。芸術への情熱は、やがて、自分の本当の情熱を両親に語るための声と自信を与えてくれました。長い話ですが、勇気を出して自分の道を進むことで、今では絵を描いて生活する幸運に恵まれています。

2. 2. あなたの仕事上の一日を一言で表すとしたら、どのような言葉になりますか?

野心的であること。クリエイティブ。順応性

3. これまでの経験を振り返って、同じようなキャリアを目指す人にアドバイスをするとしたら、どのようなことですか?

フィードバックや批判を個人的に受け止めすぎず、決して自分を追い込まないこと。私たちは失敗から学びます。そこから改善するために何ができるかに集中することです。辛いことがあったら、それは新しいことを学ぶチャンスだということです。

ブラティスラヴァ・ラストヴァッチ氏

シニアゲームテスター(ルビア

1. 現在の職務に就こうと思ったきっかけと、そこに至るまでの道のりを教えてください。

子供の頃、父と叔父が何時間も何時間もテレビゲームで遊んでいるのを見て育ちました。叔父の指導のもと、幼い頃からゲームに強い関心を持っていたこともあり、気がつけばゲームの世界に足を踏み入れていました。

ゲームは私の子供時代を彩る完璧な背景となり、現在もゲームに対する情熱と愛情は以前にも増して強くなっています。高校卒業後、私は自分の将来と、ゲームと仕事を結びつける方法について考えるようになりました。開発者になった姉に倣い、私も同じ道を歩み、やがてiGamingの世界に飛び込みました。ゲームにまつわるさまざまなルートを試すことで、まったく新しい視点が生まれ、自分が非常に興味を持っていることに気づいたのです。

2. 2. あなたの仕事上の一日を一言で表すとしたら、どんな言葉ですか?

Break.That.Thing

 

3. これまでの経験を振り返って、同じようなキャリアパスを目指す人にアドバイスをお願いします。

決してあきらめないこと。大変なこともあれば、バグが発見されない日もありますが、だからといって良い仕事ができていないわけではありません。目標を設定し、それを追い求め、決してあきらめないことです。夢は必ず叶います


ヴァルヴァラ・ラトニコヴァ氏

シニアRubyデベロッパー、エストニア

1. 現在の職務に就こうと思ったきっかけと、そこに至るまでの道のりを教えてください。

私の開発者としての旅は、皆さんが思っているような意味ではなく、私がやや怠け者であったことに起因しています。大学に入学したとき、経済学を勉強しようと思ったのですが、たまたま経済学を専攻する大学が自宅から遠かったので、一番近い大学に入学するという怠惰な決断をしました。その結果、コンピュータサイエンスの学位にたどり着き、経済学からの転向を決意しました。こうしてすべてが始まったのです。この先、どんな道が待っているのか見当もつきませんでしたが、怠け者の自分が選んだ道を歩めたことに喜びと幸運を感じています。

ロシアで卒業して以来、ずっとこの分野で仕事をしてきました。Relax Gamingが私のLinkedInのフィードに現れたとき、まるでセレンディピティの奇跡のように、これは逃したくない挑戦だと思いました。この仕事を任された瞬間から、私は荷物をまとめ始めました。5年経った今でも、私はここにいて、自分がどれだけ成長し、学べたかに感謝しています。

2. 2. あなたの仕事上の一日を、シンプルなフレーズや言葉で表現するとしたら、それは何ですか?

Why you-no-work” と “Beautifully done Varvara” ですね。

3. これまでの経験を振り返って、同じようなキャリアパスを目指す人にアドバイスをするとしたら、どんなことですか?

自分に嘘をつかないでください。最近、一般的に言われていることですが、コーディングは誰にでもできるものではありません。コーディングをしていて幸せだと感じますか?それをするのが楽しみですか?あなたは、あなたが見つけることができないように見えると同時に、そうする前にシャットダウンする自分自身をもたらすことができない、小さな厄介なバグバグの母親を解決しようとして自分自身を眠れないようにしていますか?もしそうなら、あなたは “ピッキング “に向いていると言えるでしょう。そうでなければ、楽しめないことを無理にしようとしないでください。また、後輩であれば、「先輩に聞く」ことと「自分で戦う」ことのバランスをうまくとる必要があります。


アマンダ・ローザ・スロンゾン氏

マルタ共和国 製品コンプライアンス責任者

1. 現在の職務に就こうと思ったきっかけと、そこに至るまでの道のりを教えてください。

褐色のラテンアメリカ人女性として、私の職業上の旅路は、少なからず偏見に満ちた体験に彩られていたことは確かです。このような経験は、私の信念を形成し、十分な知識を得て、女性のリーダーシップの歴史に挑戦できるよう、より懸命に、より賢く働く動機となりました。今日まで、ジェンダー・バイアスとの闘いは存在しますが、女性は常に、リーダーシップを発揮できる十分な能力を証明しています。

他の女性から誘われ、リラックスで現在の職務に就いたとき、私は力を与えられ、純粋に自分のスキルが認められたと感じました。このことは新鮮で刺激的です。私は、素晴らしい機会を得るに値するにもかかわらず、私と同じような経験をしてきた(そして今も)他の多くの女性たちに力を与えることが待ち遠しいのです。

2. 2. あなたの仕事上の一日を、シンプルなフレーズや言葉で表現するとしたら、どんな言葉になりますか?

チャンスは自分で作れ!」です。

3. 3. これまでの経験を振り返って、同じようなキャリアパスを目指す人にアドバイスをするとしたら、どのようなことですか?

前を見て。あなたの旅はあなた自身です。自分自身を信じる勇気を持ち、高いところでも低いところでも、多様性を尊重することです。


ニコル・ピッチ氏

アソシエイト・リーガル・カウンセル、フィンランド

1.現在の職務に就こうと思ったきっかけと、そこに至るまでの道のりを教えてください。

個人的なことを言えば、イギリスとスイスで育ったところから旅が始まったと言わざるを得ません。ウォーリック大学で法学部を専攻した2年目、私はより深い法律知識を求めて、すぐに修士課程に進むことを選択しました。本当に素晴らしい人たちに出会えただけでなく、この分野への理解も深まりました。さらに1年間、5年から10年の計画を立て、自分が何をしたいのか、どうすればそこにたどり着けるのかを明確にすることができました。社内の法務チームでしばらく過ごし、その後法律事務所で短期間働いた後、私は社内の道を進みたいと思うようになりました。そして、修士課程修了後、法律分野への理解を深め、国際的な経験を積んだ私は、思い切ってフィンランドに移住しました。

親友(現在は同僚)がいつもリラックス・ゲーミングを高く評価していたので、チャンスがあればぜひ応募したいと思いました。若い法律専門家として、また言葉の通じない国に移住したことで、私は「賭け」をしてくれる会社を探していたのですが、リラックスはまさにそれを実現してくれました。1年後、オンラインゲーム業界にどっぷりと浸かり、素晴らしい協力的な法務チームの一員となった今、これこそ私が求めていたものだと実感しています。テクノロジーと強い結びつきがある革新的な会社、グローバルな規模で活躍し、国際的な環境の一部となっている会社、そしておそらく最も重要なことは、常に私の気を引き締め、もっと学びたいと思わせるような会社であることです。

2. 2. あなたの仕事上の一日を一言で表すとしたら、どのような言葉になりますか?

チャレンジング。ダイナミック。エンターテインメント

3. これまでの経験を振り返って、同じようなキャリアを目指す人へのアドバイスをお願いします。

法律事務所、法廷弁護士、社内チームなど、法律の分野でキャリアを積みたいと考えている方への最初のアドバイスは、「違う道を歩んでいる人と自分を比べないこと」です。私の道は確かに伝統的なものではありませんでしたし、多くの困難にも直面しましたが、他の道とは違います。第二に、可能であれば、自分が何を達成したいのか、時間をかけて考えてみてください。それを明確に理解した上で、バトルプランを立て、次の一手を考えるのです。最後に、忍耐力です。忍耐力があれば、どんなことでも乗り越えられるはずです。


キンバリー・ミラード氏

パートナーシップ・プログラム・マネージャー、ジブラルタル

1. 現在の職務に就こうと思ったきっかけと、そこに至るまでの道のりを教えてください。

私は10年以上前にジュニア・プロジェクト・マネージャーとしてITのキャリアをスタートさせました。幸運なことに、すぐにプロジェクト・マネージャーのポジションに就き、さらに上級の役職に就くことができました。その後、さまざまな企業や業界で、プロジェクト、デリバリー、ソフトウェア開発チームを管理するようになりました。

過去の経験と比較すると、リラックスでのこの特別な職務は私にとって完璧な機会であるように思えたので、他の人から応募するように勧められました。仕事内容やリラックスについて詳しく聞いてみると、とてもエキサイティングな機会で、自分に向いていると思えるものでした。このチームの一員になりたいと思い、昨年5月に入社して以来、失望したことはありません。

2. 2. あなたの仕事上の一日を一言で表すとしたら、どんな言葉になりますか?

忙しい。やりがいがある。やりがい

3. これまでの経験を振り返って、同じようなキャリアパスを目指す人にアドバイスをお願いします。

失敗を恐れず、失敗を恐れて、自分を抑え込まないこと。重要なのは、その状況にどのように対処し、適応し、何度も繰り返さないようにするかということです。

本物の企業文化は、チームを団結させ、グローバルオフィスの架け橋となります。リラックスでは、情熱と意欲、そして謙虚さを大切にしています。チームワークを重視した環境を楽しみ、会社全体に対する自分の価値を理解しています。そして何より、自分たちの仕事を愛しているのです。

まとめ

女性の一人一人がそれぞれ目的をもって活躍をしているのが分かりますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる