MENU

RubyPlayとComeOn Groupはコンテンツ契約を発表

RubyPlay(ルビープレイ)は、ComeOn Group(カムオングループ)のネットワークでオンラインスロットゲームを配信することが決定しました。この開発会社は、ComeOnがMalta Gaming Authorityのライセンスを持つ市場で、その存在感を高めることになるのです。

 

>>チェリーカジノの公式サイトはこちら<<

 

パートナーシップによる大きな飛躍

この提携により、RubyPlayは最高品質のオンラインスロットゲームの数々を配信することができるようになります。このスタジオで開発されたゲームのユニークさを考えると、それらがComeOn Groupのオンラインカジノブランドでヒットするようになるのは、そう遠くないでしょう。

ルビープレイは、ウクライナのキエフに拠点を置くトップクラスのカジノゲームデベロッパーです。60以上のタイトルを誇るクリエイティブなオンラインスロットゲームで人気を博しています。しかし、同社は他のプラットフォームやデベロッパーとの提携を模索してきました。その甲斐あって、同社は堅調なペースで拡大を続けている。

このデベロッパーの主要市場のひとつはアジアです。同スタジオのタイトルの多くがアジアをテーマにしていることは、疑う余地もないだろう。全体として、この開発者のゲームは、39カ国以上の少なくとも60のオンラインカジノで利用可能です。また、マルタ・ゲーミング・オーソリティ(Malta Gaming Authority)のライセンスも取得しています。

ComeOn Groupについて

ComeOn Groupは、業界最大手のiGaming企業の1つです。2008年に設立されたこの会社は、少なくとも20のブランドを傘下に収めています。有名なブランドには次のようなものがあります。

  • チェリーカジノ
  • カムオン
  • ユーロロト
  • ゲットラッキーカジノ
  • モバイルベット

主にヨーロッパ地域で多くの観客を誇っています。

日本でも遊べるのがチェリーカジノです。

 

>>チェリーカジノの公式サイトはこちら<<

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる