MENU

Swinttが画期的なパートナーシッププログラム「Swintt Studios」を発表

2022年3月17日にSwinttが画期的なパートナーシッププログラム「Swintt Studios」を発表したことで、ソフトウェアプロバイダーの新製品により、サードパーティスタジオがSwinttプラットフォーム上で活動できるようになり、Fine Edge Gaming(ファイン・エッジ・ゲーミング)が最初のパートナーになることが決定しました。

Swintt Studiosプロジェクトとは?

ブティック型ソフトウェアプロバイダーが既存のSwinttフレームワーク内でゲームを開発できるようにするための全く新しい取り組みです。これにより、スタジオはタイトルのデザインやテーマに集中することができ、Swinttはゲームロジックや製品配信の要となる部分を担当することができます。

今月発表されたばかりのこの画期的なパートナーシップ・プログラムは、すぐに軌道に乗り、北米のソフトウェア・プロバイダーであるFine Edge Gamingは、2022年を通してSwinttStudiosを通じて6つのエキサイティングなスロット・タイトルを配信することをすでに決定しています。

米国のランドベース部門で豊富な経験を持つチームによって設立・運営されているFine Edge Gamingは、この機会を利用して、Swinttの幅広い配信ネットワークと便利なバックエンドツールの助けを借りて、北米やその他の地域のプレイヤーの好みに応える魅力的なゲームの数々を作成する予定です。

Stacking BisonsとDiego’s Huntの2タイトルがすでに決定しており、Fine Edge GamingはSwinttStudiosプラットフォームを使用して、年間を通じてさらに4つのゲームを開発・リリースする予定です。この提携により、Swinttのライセンスやパートナーシップを利用して、新製品を迅速に展開することが可能になります。

IGTやIncredible Technologiesなどの大企業で35年以上ランドベースのゲーム分野で働いてきたFine Edge Gamingの創設者、Beena Blakeは、すでにゲーム業界で非常に経験豊富な人物です。しかし、Swinttの追加技術とサポートによって新しい扉が開かれ、会社のオンラインプレゼンスを強化できることは間違いないでしょう。

両者ともこのパートナーシップの大成功を期待しており、Fine Edge GamingとSwinttStudiosの契約は、新製品の垂直展開における多くの重要なコラボレーションの最初のものとなる可能性が高いようです。

Swinttは、野心的で非常に評判の高いサードパーティスタジオと提携することで、最新のベンチャーですぐにインパクトを与えることができると同時に、Fine Edge Gamingは、幅広い市場の新しい顧客と最新のゲーム群を共有することができるようになるのです。

Swinttのチーフ・コマーシャル・オフィサーであるデビッド・マン氏は、次のように述べています。

『多くの独立系サプライヤーが、確立された業界パートナーのサポートとノウハウを必要としている中、画期的な新しいパートナーシッププログラムであるSwintt Studiosを発表できることを嬉しく思います。

Swintt Studiosを通じて、Fine Edge Gamingのようなプロバイダーが、見てもらう必要がある市場で迅速かつ効率的に製品をリリースするための完璧なプラットフォームを提供できるようになります。2022年に6つのタイトルを予定しており、この野心的な新しいプロジェクトで彼らと共に働くことを楽しみにしています。』


Fine Edge Gamingのリードファウンダーであるビーナ・ブレイク氏は、次のように述べています。

『SwinttStudiosプロジェクトは、iGaming業界において非常に重要な革新であり、私たちは、新しい製品群をそのペースに乗せる最初のソフトウェアプロバイダーとなることを光栄に思っています。

このエキサイティングな新事業のためにスウィントと提携することで、ファインエッジゲーミングのクリエイティブなコンセプトと北米をはじめとするプレイヤーの嗜好に関する深い知識を、スウィントの先進技術と配信ソリューションと組み合わせて、まったく新しい観客に一流のゲーム体験を確実に提供できるようになるでしょう。』

と述べています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる