EveryMatrix社がWorld Lottery Association(世界宝くじ協会)の会員資格を取得

記事内容

EveryMatrix(エブリマトリックス)がWorld Lottery Association(世界宝くじ協会)のメンバーになりました。

World Lottery Association(世界宝くじ協会)は、世界のゲーム業界で最大のグループの一つです。この協会には、世界中のメンバーが参加していることで知られており、これらのメンバーには、スポーツギャンブルプラットフォーム、国有のロトオペレーター、ロトサプライヤーなどが非常に多岐にわたります。

エブリマトリックスは現在、世界宝くじ協会の準会員となっています。これは、B2Bゲーミングサプライヤーの発表によるものです。エブリマトリックスは、ゲーム業界に商品やサービスを提供おりソフトウェア、物理的機器、監査サービスなどが含まれます。

エブリマトリックスは、すでに協会の既存メンバーと提携しているのですが、これにWLAに加盟することで、さらなる利点が生まれます。ノルウェーの国営宝くじであるNorsk Tippingとの提携もその一つです。同社は、OPAPなどとも提携しています。

今回、EveryMatrixは、WLAに加盟することで、より多くのパートナーシップへの扉が開かれることを期待しています。今回の提携により、世界中での事業展開に弾みがつくと考えています。

エブリマトリックス社のCEOであるEbe Groes氏は、同社がWLAのメンバーとして貢献していくことを期待していると述べています。同CEOは、WLA内でより多くの関係を築いていくことに重きを置いているのです。

WLD(世界宝くじ協会)は、70社以上のゲームプロバイダーで構成されていて、150以上の州が承認した宝くじで構成されています。

また、80カ国から集まったスポーツ賭博の運営会社もリストに加わっています。メンバーにはPlaytech、Sportradar、Intralot、Flutter Entertainment、Novomatic、Genius Sportsなどそうそうたるメンバーです。

EveryMatrixは、日本ではあまり知られていないかもしれませんが、米国、ラテンアメリカ、ロシア、英国など世界各地で事業を展開しています。世界中で認知されたブランドとなっています。

厳格なオペレーションとセキュリティの基準をエブリマトリックスは満たしておりこれは、「ISO 20000」と「ISO 270001」に規定されています。CEOは、会社の次のステップはWLA認証を取得することだと述べています。これが達成すれば、セキュリティと責任あるゲームの基準を遵守していることが証明されます。

近年ゲームサプライヤーは、アメリカ国のゲーム市場での拡大計画を進めています。例えば、EveryMatrix社はArmadillo Studios社と契約を結び、アメリカ市場におけるオンラインカジノゲームの開発に合意しました。

また、エブリマトリックス社は、ニュージャージー州での申請が受理されたことも発表しました。これは、同社がアメリカ市場のiGamingの基準と規制法を遵守したことを意味します。

さらにメキシコは、同社がFoliatti Casinoと提携したことで、そのような管轄区域の一つとなりました。この提携により、Foliatti Casinoは、同社のオンライン・ギャンブル・プラットフォーム全体の運営に、ゲームスタジオの技術を使用することになります。

幅広い活躍を続けているEveryMatrix(エブリマトリックス)社がメンバーシップを結ぶことで信頼と実績、そしてさらに市場の拡大へと繋がっていけるからこそ社を挙げてこのWorld Lottery Association(世界宝くじ協会)の会員資格を取得したことを喜んでおり、重要であるという認識を持っているのです。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`