Gold Digger(ゴールド・ディガー)

リリース日:
2020-06-12
メーカー:
iSoftBet

0 票, 平均: 0.00 / 1 (0 投票, 平均: 0.00 / 1)
この投稿を評価するには、ユーザー登録が必要です。
読み込み中...

特徴

Gold Digger(ゴールド・ディガー)はiSoftBet社から2020年6月12日にリリースされたスロットゲームです。

赤くなった大きな鼻が特徴的なベテラン炭鉱者が金塊を掘り当てるテーマとなっています。

ベースゲーム中にもランダムWILD、シンボルアップグレード、フリースピン中は4種類のブースターが駆使して、最大勝利である8,230倍を手に入れましょう。

ペイアウト率は96%です。

 

 

Gold Digger(ゴールド・ディガー)のスペック

 

ゲーム名 Gold Digger(ゴールド・ディガー)
ゲームプロバイダー iSoftBet
リリース日 2020/6/12
リールレイアウト 5-3
ペイアウト率 96%
ボラティリティ 中ボラ
ペイライン数 20
最小ベット 0.2
最大ベット 20
最大賞金額(BIGWIN) 8,230倍
ジャックポット -
ボーナス ボーナスゲーム、ボーナスシンボル、ホールドアンドスピン、マルチプライヤー、シンボルスワップ、シンボルコレクション、WILD
モバイル対応

 

Gold Digger(ゴールド・ディガー)のプレイ動画

 

 

Gold Digger(ゴールド・ディガー)のゲームレビュー

Gold Digger(ゴールド・ディガー)はiSoftBet社から2020年6月12日にリリースされた鉱山で金塊を掘り当てるという定番のテーマでリリースされました。

テーマ自体はこれまでに沢山出ているため、目新しさはありませんが、様々な機能が搭載されているため、ベースゲーム中からも気が抜けないことでしょう。

グラフィックも丁寧で、サウンドも心地よく心弾ませてくれて陽気な気持ちにさせてくれることでしょう。

Gold Diggerのリールレイアウトは5リール、3行でペイラインは20通りの勝ち方が用意されており、左から右にプレイします。

中ボラティリティで、ペイアウト率(RTP)も平均値の96%となっているのでオンラインカジノのスロットゲームが初めてという人にも利用しやすいですし、カジュアルに遊びたいという人にもお勧めで幅広いプレイヤーに対応していると言っていいでしょう。

最小ベットが$0.2、最大ベッドが$20、最大勝利はベット額の8,230倍と中ぐらいのボラティリティにおいてはかなりのBIGWINの可能性があるのです。

まさに炭鉱の金塊を見つけた時の感覚になるのではないでしょうか?

 

Gold Diggerの登場シンボル

Gold Diggerに登場するシンボルで最も高配当なのが炭鉱者のおじいさんで、次にトロッコとなります。

他にはランタンとツルハシが高配当シンボルとなっています。

 

 

低配当シンボルはトランプのカードの数字「A・K・Q・J」となっています。

 

 

配当表は以下の通りです。※MAXベット額を表示しています。

  • 炭鉱者のおじいさん:ペイライン5で500を獲得。
  • トロッコ:ペイライン5で300を獲得。
  • ランタン:ペイライン5で150を獲得。
  • ツルハシ:ペイライン5で100を獲得。
  • トランプの数字「A・K・Q・J」:ペイライン5で80~30を獲得。

配当を得るにはペイライン上に3つ以上の同一シンボルを揃える必要があります。

 

Gold Diggerの機能

Gold Diggerにはベースゲーム中からも様々な機能が用意されています。

基本的にはランダムに起こる機能となっています。

まず1つがランダムゴールドディガー機能です。

 

 

炭鉱者のおじいさんがリール中に3つの機能をランダムに発生させてくれます。

  • ランダムWILD:ダイナマイトをリールに投げ、3~5個のシンボルをWILDシンボルに変えます。
  • ゴールドナゲット:一定量の通常のシンボルをゴールドナゲットに変換してくれます。これにより、ゴールドリンクリスピンラウンドと呼ばれるメインボーナス機能が発動します。
  • シンボルのアップグレード:ダイナマイトの起爆装置を押して、爆発させ低配当シンボルをより高配当シンボルにアップグレードします。

WILDシンボルもあり、これはすべての通常のシンボルの代わりとなって配当成立に役立ってくれます。

 

Gold Diggerのフリースピン

Gold Diggerのフリースピンは正確に言うとリスピン機能となりますが、フリースピンモードに近いです。

リール上に少なくとも5つのゴールドナゲットを同時に出現するとゴールドリンクリスピン機能が発動します。

 

 

最初に止まったゴールドナゲットの数に関係なく、最初に3つのフリーリスピンが得られます。

ボーナスラウンド中はゴールドナゲットは常に固定化され、ゴールドナゲットが止まるたびにフリースピンの数が3回分貰えます。

 

 

それぞれのゴールドナゲットには賞金が付いており、フリースピンが終了すると、すべての現金の価値が合算されて配当を得ることが出来ます。

リールの上には4種類のボーナスメーターがあり、各メーターに3つの空のスロットがあります。

 

 

各メーターを埋めると、それぞれの機能が発動しプレイヤーの配当成立をブーストさせてくれます。

これを行うには、各機能に固有の宝石のシンボルを収集することが大切です。

 

まずリールブースター機能とバリューブースター機能があります。

 

 

リールブースター(3つの青い宝石)はスター時は3つの行から始まるのですが、青い宝石を3つ揃えることで1つの行のロックを解除することになります。

これによって配当成立しやすくなり、合計9個の青い宝石を集めることで、最終的に3列すべてのロックが解除され、5リール6行にまで拡大します。


また、バリューブースター(3つの緑色の宝石)ではゴールデンナゲットについている金額が純粋にアップします。

 

続いてスピンブースター機能とマルチプライヤーブースター機能があります。

 


スピン+ブースター(3つの赤い宝石)は追加のリスピンが1つ受け取ることが出来ます。さらに次にゴールドナゲットが止まった場合は、追加はフリースピンは3回分ではなく4回分になります。

マルチプライヤーブースター(3つの紫色の宝石)ではマルチプライヤーメーターを最大10倍まで増やします。

合計4種類がうまく機能しフリースピン回数もどんどんリセットされていくことで最終的にはどんどん配当が積み重なっていくことになります。

Gold Diggerにはジャックポット機能はありませんが、最大勝利はベット額の8,230倍にまで達します。これは中ぐらいのボラティリティにおいてはかなり魅力的な数値と言えますし、チャレンジしたくなると言えるでしょう。

モバイル・タブレット・パソコンのどれからでもプレイすることが出来ますし、ベースゲーム中から様々な機能が発生するので、やり応えのあるスロットゲームと言えます。

外出先の空き時間や移動中のプレイや自宅でじっくりパソコンに座ってプレイするなどどちらのプレイにも適していると言えるでしょう。

 

まとめ

Gold Digger(ゴールド・ディガー)はiSoftBet社から2020年6月12日にリリースされた鉱山で金塊を掘り当てるというテーマでリリースされました。

この手のテーマは数多のゲームプロバイダー会社からリリースされているため、テーマとしては目新しさは無いものの様々な機能がベースゲーム中から発生します。

フリースピン(リスピン)モードが発動した場合においてはゴールドナゲットがリール上に止まればリセットされていくだけでなく4種類のブースター機能がうまくかみ合うことで、一気にBIGWINも見えてきます。

中ぐらいのボラティリティながらも最大8,230倍はかなり魅力的だと言えるので是非とも多くのオンラインカジノのファンに楽しんでもらえるスロットゲームと言えます。

Gold Digger(ゴールド・ディガー)が遊べるオンラインカジノ

口コミ

評価・コメントをする

機種へのコメント

コメント