FIRE JOKER(ファイヤー・ジョーカー)

リリース日:
2016-06-14
メーカー:
Play'n GO

0 票, 平均: 0.00 / 1 (0 投票, 平均: 0.00 / 1)
この投稿を評価するには、ユーザー登録が必要です。
読み込み中...

特徴

FIRE JOKER(ファイヤー・ジョーカー)はPlay'n Go社から2016年6月14日にリリースされました。

クラシカルスタイルのスロットゲームで、すべてはジョーカーの気分次第です。

シンプル操作で誰もがプレイ出来て、マルチプライヤーホイール機能によって2倍~最大10倍の獲得チャレンジをすることが出来ます。

ペイアウト率は94.43%です。

 

FIRE JOKERのスペック

 

ゲーム名 FIRE JOKER
ゲームプロバイダー Play'n Go
リリース日 2016/6/14
リール 横3×縦3
ペイアウト率 94.43%
ボラティリティ
ペイライン数 5
最小ベット 0.05
最大ベット 100
最大賞金額(BIGWIN) 800
ジャックポット -
ボーナス マルチプライヤー、フリースピン
モバイル対応

 

FIRE JOKERのプレイ動画

 

 

FIRE JOKERのゲームレビュー

FIRE JOKER(ファイヤージョーカー)はPlay'n Go社からリリースされた昔懐かしき、クラシックスタイルのスロットです。

3列3リールでペイラインは5となっていて、ボラティリティに関しては中程度となっていて誰もが手を出しやすいゲームバランスとなっています。

ペイアウト率は94.23%となっています。

スティッキーシンボルにはリスピン機能とマルチプライヤーのホイールの両方の役割を担っています。

本来のクラシックスロットのシンプル機能にリスピン機能などを付けくわえたゲームスロットです。

WILDジョーカーシンボルは通常のWILDの代わりとなり、そして最高の支払いをサポートしてくれるシンボルでもあります。

リスピン機能は、同じスピンで2つのスタックされたシンボルが止まった時に発動します。

最大の魅力である「Wheel of Multipliers」ですが、それを発動させるにはリールを一致するシンボルで埋める必要があります。

発生率は低いですが、最大10倍のマルチプライヤーブーストを得ることになります。

FIRE JOKERは懐かしさ漂うクラシカルスタイルで、ペイラインに3つの一致するシンボルを当てたら、配当を得ることが出来ます。

FIRE JOKERにおけるWILDジョーカーシンボルは、最も価値が高いシンボルです。

続いて、赤7、スター、BARシンボル、プラム、ぶどう、レモン、チェリー、xと続きます。

  • WILDジョーカー:ペイライン3で80を獲得。
  • 赤7:ペイライン3で25を獲得。
  • スター:ペイライン3で20を獲得。
  • BAR:ペイライン3で15を獲得。
  • プラム:ペイライン3で7を獲得。
  • ブドウ:ペイライン3で6を獲得。
  • レモン:ペイライン3で5を獲得。
  • チェリー:ペイライン3で4を獲得。
  • X:ペイライン3で2を獲得。

FIRE JOKERでは、Flaming Re-spinsと呼ばれるものがあり、この機能は、2つのスタックされたシンボルをリールに止まった場合に発動します。

これらはスティッキーシンボルになります。残りの3番目のリールがリスピンします。これにより、再び配当が得られるチャンスが与えられます。

FIRE JOKERのフリースピンモードはありませんがWheel of Multipliers機能の10倍のマルチプライヤーがあり、これにより、最大賭け金の800倍の最大勝利が得ることが出来ます。

中程度のボラティリティにおいては決して悪くはない数値と言えることでしょう。

スマホ・タブレット・パソコンのいづれでもプレイできます。適度に当たるためカジュアルプレイヤーにもお勧めできます。

外出先でもスマホ片手に気軽に遊ぶことが出来ます。

 

まとめ

FIRE JOKER(ファイヤージョーカー)はPlay'n Go社から2016年6月14日にクラシカルスタイルのスロットゲームとしてリリースされましたが、クラシカルスタイルの中にはもリスピン機能やWheel of Multipliers機能などがあります。

中程度のボラティリティであるため気軽に楽しめます。

WILDジョーカーでマルチプライヤ―10倍がブーストされたら意外な大勝利を得る可能性もあるので、気軽に遊んでみてはいかがでしょうか?

FIRE JOKER(ファイヤー・ジョーカー)が遊べるオンラインカジノ

口コミ

評価・コメントをする

機種へのコメント

コメント