SPINBALL(スピンボール)

リリース日:
2019-12-11
メーカー:
Tom Horn Gaming

0 票, 平均: 0.00 / 1 (0 投票, 平均: 0.00 / 1)
この投稿を評価するには、ユーザー登録が必要です。
読み込み中...

特徴

SPINBALL(スピンボール)はTom Horn Gaming社から2019年12月11日にリリースされました。

これまでにない新しいタイプのスロット?ゲームであり、レトロゲームをスロットの倍率やフリースピンにうまく当て込んだ新感覚のゲームと言えます。

ゲームもシンプルで弾いたボールがどんどん連続して当たる時の爽快感はとても魅力的です。

ペイアウト率は96%です。

 

SPINBALLのスペック

 

ゲーム名 SPINBALL
ゲームプロバイダー Tom Horn Gaming
リリース日 2019/12/11
リールレイアウト
ペイアウト率 96%
ボラティリティ
ペイライン数 0
最小ベット 1
最大ベット 100
最大賞金額(BIGWIN) 1440倍
ジャックポット -
ボーナス フリースピン
モバイル対応

 

SPINBALLのプレイ動画

 

 

SPINBALLのゲームレビュー

SPINBALL(スピンボール)はTom Horn Gaming社から2019年12月11日にリリースされた古典的なアーケードゲームを取り入れた新鮮なゲームスタイルであり、無数の勝利となって押し寄せてくる非常に斬新かつエキセントリックなな機能の新感覚ゲームです。

SPINBALLではプレイヤーがスピンボタンを押すたびにはじき出され大きくバウンドするたびにヒットし、配当を得ることが出来ます。

SPINBALLはレトロのゲームをフリースピンなどを導入した斬新なゲームスタイルで、ペイラインはありません。一回一回の配当は少ないですが、ほぼすべてのゲームで配当が貰える仕組みとなっており、気軽に遊べる低ボラティリティのゲームバランスとなっています。

左ランプブースターは、大きなペイアウトを確保するのに最適なスポットとなっており、フリースピンパスでボールが高く飛ぶと、プレイヤーは驚くほど多くのフリースピンを獲得する可能性があります。

スピンボールはピンボールのビジュアルを取り入れた、パリッとしたクリアなグラフィックスとサウンドが特徴です。

ピンボールでリアルマネーで賞金を得られるということは考えもつかなかったことでしょう。

純粋なスロットゲームが好きなプレイヤーからすると敬遠しがちではあるかもしれませんが、そのユニークで異質な異質なゲームスタイルは業界でも話題になりました。

珍しいゲームであるSPINBALLには、バウンサー、レフトランプブースターなどのオプションがあり、フリースピンパスに到達する可能性があります。

SPINBALLではラインや個々のシンボルによる組み合わせといったものは存在せずゲームエリア全体のベットを選択する形になります。

ベットボタンをクリックするだけで、そこにリストされている値が$ 1から$ 100の範囲で新しいメニューが開きます。

SPINBALLの最大の勝率は最大で1,440倍の賭け金を支払う可能性があります。ボールをどんどん当たって支払いを受けるというシンプルなスタイルです。

フリースピンパスエリアでボールをゲットすると、5回分のフリースピンをゲットすることが出来ます。追加のフリースピンを取得することは出来ません。

SPINBALLは、通常のリールやラインを持たないユニークなゲームで、低ボラティリながらも最大勝率は1440倍の可能性があります。

ほぼ毎回少なく配当が貰えますし、ゲーム操作はシンプルなものです。スマホ・タブレット・パソコンのどれからでもプレイすることが出来ますが、どっしりと構えてプレイするというよりかは、気軽にスマホで移動中に遊ぶぐらいのカジュアルPLAYの方が向いていると思います。

 

まとめ

SPINBALL(スピンボール)はTom Horn Gaming社から2019年12月11日にリリースされたこれまでにない新しいタイプのスロット?ゲームであり、レトロゲームのピンボールからインスピレーションを受けています。

ゲーム内容はとてもシンプルで弾いたボールがどんどん連続して当たることで配当が貰え、通ったエリアに応じてフリースピンが増えたり、配当が大きくなったりします。

基本のスロットゲームが好きな人は最初は敬遠してしまうかもしれませんが、低ボラティリティでほぼ毎回配当が貰えるので移動中やちょっとした空き時間におすすめのゲームですので、興味がある人は是非とも遊んでみましょう。

SPINBALL(スピンボール)が遊べるオンラインカジノ

口コミ

評価・コメントをする

機種へのコメント

コメント