最強すぎてカジノ側禁止!?ブラックジャックの「カードカウンティング」を徹底解説

記事内容

カジノのゲームにはよく必勝法や攻略法がありますよね。ブラックジャックは世界的にも人気が高いということもあり、世界中のコアプレイヤーの間で様々な方法が試されています。

数ある中でも、よく使われている攻略法が「カウンティング」と呼ばれる手法です。ブラックジャックだけでなく、バカラでも使われているこの方法は、コアなプレイヤーの間では欠かせない手法であり、これを使うことで勝率を高めているといっていいでしょう。

ブラックジャックにおいては『完璧に使いこなすことが出来れば最強』と言われているほどで、トランプゲームを遊んだことがある人ならば名前ぐらいは聞いたことがある人もいるでしょう。

あまりにも最強すぎて、近年ではカウンティング対策が行われカウンティングを禁止しているカジノが多いという事実があります。

特にアジアのカジノでは使えないように対策されています。また、“使いこなせれば”という言葉通り、速攻で覚えて実践ということではなく、訓練が必要かもしれません。

ただし、今はカウンティング用のアプリなども見受けられることですから自動化されているということもあり、昔よりも確実に使いやすくなりました。

また、アジアでは禁止されているカウンティングですが、ヨーロッパや南米などのカジノではまだ使えるリゾートカジノも少しはあるかもしれませんので旅行中に実践してみても良いかもしれません。※禁止ですと言われたらすぐにやめましょう。

ブラックジャックが好きなプレイヤーは「カウンティングの仕組みや方法」について徹底解説していきますのでぜひとも覚えておきましょう!

カウンティングとは?

カウンティングとは言ってしまえば「テーブルの場にすでに出されているカードをすべて記憶し、デッキにあるカードを予測する攻略法」です。

はい無理!不可能!!と最初はだれもが思ってしまいますよね。

確かに難易度は高いです。最初からすべてがうまくいくというわけではありません。しかし、訓練(アプリを使用)して実行できればブラックジャックにおいて一番効果のある攻略法であるといっても良いほど有効です。

ランドカジノではメモなどで記録することは禁止となるので相当な記憶力を持たないといけません。自分とディーラーだけでなく、複数のプレイヤーがいたらほぼ不可能です。

さらにカジノゲーム(コンピュータと対戦するタイプ)の場合は、カウンティングはほぼ効果がないといえます。どこでデッキがリセットされるかも分かりませんし、1つのデッキで勝負をするということが不透明です。

そのため、現状カウンティングに最も適しているのがライブカジノです。

ライブカジノであれば自宅でパソコンの前で座りながらメモやアプリを開きながらプレイすることが出来るため、オンラインカジノのライブカジノで実践してみましょう。

おすすめのオンラインカジノは?

オンラインカジノで有効というのが分かったらどのサイトを選ぶか?ですよね。おすすめはライブカジノのバリエーションが非常に多い所が良いのではないでしょうか?

数ある中でも特におすすめなのが「ライブカジノハウス・エルドアカジノ・ライブカジノアイオー」の3つです。この3つは主にライブカジノを中心としたイベントを行い、さらには提携しているライブカジノ数も多いので、一日ごとに気分を変えて遊ぶことが出来るということもたくさん遊ぶことが出来ると思います。

・ライブカジノハウスの特徴や魅力について知りたい方はこちら
 ∟ライブカジノハウスの登録はこちら

・エルドアカジノの特徴や魅力について知りたい方はこちら
 ∟エルドアカジノの登録はこちら

・ライブカジノアイオーの特徴や魅力について知りたい方はこちら
 ∟ライブカジノアイオーの登録はこちら

ライブカジノプレイヤーであれば絶対にここさえ押さえておけば問題ないと思います。

カッティングの考え

「カウンティング」とは、場に出たカードを記憶して行く事により、これから場に出てくるシューの中のカードを予測する行為を指します。

「シュー」とは、ディーラーがカードを引き出す透明の箱に入っているカードのデッキのことです。

上の図だけを見るともう無理だ!って思うかもしれません。確かにこれを実践しようと思ったら、普通の人ではまず不可能です。(※ランドカジノでカッティングで実際にメモも取らず脳内ですべて記録して荒稼ぎしたプレイヤーは過去に何人もいたらしいです!すごいですね!)

すべての数字を覚えるというのはまさに異常な記憶力を持っているプレイヤーにしかできませんが、それを実践しましょう!というわけではありません。

そのためにはまずブラックジャックのルールをおさらいしておきましょう!

「基本ルールと遊び方」のページでも説明した「トランプの数え方」を見ても分かりますが、ブラックジャックでは、「10」数値以外にも「10=J・Q・K」として扱われます。他には「A」という数字は「1 or 11」として扱われます。

つまり「10」という数字が全体の4分の1を占めるというのがブラックジャックの特徴です。

そのため、「10・J・Q・K」のカードがどのくらい残っているかを把握する事が、偏りを見分ける重要なポイントとなります。「A」も「11」と2つの役割を持つ重要なカードと言えます。

具体例を出します。

■プレイヤー側の合計値が「10」や「11」であった場合

この時、もしシューの中に「10(J・Q・K)」が多く残っているという事だけでもプレイヤーは知っておけば、「10」を引いて「21」に近付けやすい有利な状況にある事が分かります。

■プレイヤー側の合計値が「15~16」の数字だった場合

シューの中に「10」のカードが入っていたらプレイヤーが次に引いたらBust(バースト)してしまう可能性が非常に高いといえます。

しかし、逆に言うとディーラーのオープンになっているカードが「6」だった場合はバーストさせるという手があります。

ディーラーは合計値が「17」以上になるまで引き続けなくてはいけないというルールがあるため、ディーラーのオープンになっているカードとシューの残りを予想して無理にカードを引かずに勝負をすると言うことが出来ます。

おそらくブラックジャックで遊んでいる人はある程度は把握しながら行っていると思います。カウンティングをするということはプレイヤーが「有利な状況」、「不利な状況」なのかが分かるようにするためです。

難易度は非常に高いもののリアルなカジノ施設では禁止されているほど効果が見込める方法です。

カッティングの方法

カウンティングとは、本来、場に出ているカードをすべて記憶していくことでシューの中身を把握する行為を指します。

とはいえ、現実的にすべてのカードを記憶するのは不可能に近いでしょう。また、データにまとめるというのもその場ですぐにメモをするというのも大変です。

プレイヤーとディーラーの1対1ならばまだ可能性としては出来るかもしれませんが、先ほどの上記の画像でも説明したようにオンラインカジノでは複数のプレイヤーが参加するので、現実的な話ではありません。

具体的に実現可能な方法としてカードを『グループ毎に分けて数値化し、簡略するというのがカウンティング方法です。

上の図のように3グループに分けて考えます。

  • 10(J・Q・K)とAが出た場合は「-1」点:自分にとって有利なカードが既に出てしまっているため。
  • 2 〜 6が出た場合は「+1」点:自分にとって不利なカードが既に出てくれたため
  • そのほかのカードは「0」点。

デッキの後半にシューに10のカードが多く残っている場合、ディーラーはカードを引いた際にバーストする可能性が高いです。

「10〜A」はプレイヤーにとって嬉しいカード、嬉しいカードが既に場にでてしまっているので−1点とカウントするわけです。

逆に言うと、「2〜6」のカードの方が多く残っている場合、ディーラーはカードを引いた際にバーストする可能性が低いため、プレイヤー側にとっては不利になります。

複雑に考えずにそういうグループ分けと考えて計算していきましょう。

カウント方法は2種類

カウンティングという名前の通り、先ほどグループ分けして、場に表示された数字をカウントしていきます。

そしてカウンティングはランニングカウントとトゥルーカウントの2種類があり、上記で説明した場に既にでたカードを数えるのがランニングカウントとなります。

もう1つのトゥルーカウントはランニングカウントをおよその残りのデッキ数で割った値になります。

例えば現在のランニングカウントが「+10」とし、残りのデッキ数が「2」だったとします。そしたら、10÷2でトゥルーカウントは「+5」となりますね。

『トゥルーカウントが「+3」くらいから積極的に賭けていく!』ということを念頭にプレイしていきましょう。確率の問題で、ここから勝率が変わります。

カウントがプラスになっていくまでは低ベットで勝負をするようにしましょう!

カードカウンティングを練習方法

カードカウンティングは非常に有効なまさに“攻略法”といって問題ないと思いますが、誰もがいつでもすぐに理解して出来る方法では決してありません。

正直、根気よく続けていき、マスターするまでには相当な時間がかかります。簡単にできるならば多くの人がやっていることでしょう。

とはいえ、マスターしたときのバックは現金となって戻ってくるため、本気でオンラインカジノで稼ぎたいと思うのであればマスターしておいて損はありません。

そこで実際にどのように練習すればいいのかを段階を踏んで紹介します。

友達同士で練習しよう

一番ベストなのが同じようにカウンティングを練習したい!という友達を見つけることが一番です。

一人だとなかなかモチベーションが上がらずに途中でやめてしまうものですが、友達に教えたり、一緒にやっていこうと誘って練習してみましょう。

カウンティング自体は有効な攻略法として世界的に有名ですので興味がある人も多いと思います。

いきなり実践はせずにライブカジノで観戦する

ある程度カウンティングに慣れてきたらライブカジノで観戦してカウンティングの練習をしていきましょう。

友達同士でやるとお互いに気を使って進行時間をゆっくりしてしまいがちです。実際にライブカジノの進行スピードと違いが出るので慣れるまでに進行時間を肌で感じてデモプレイを繰り返しましょう!

低ベットからスタートする

カウンティングにも慣れ、ライブカジノの雰囲気や進行スピードも把握したらプレイしてみましょう!デモだと緊張感が保てないから実際に遊びたいという人もかまいませんが、必ず低ベットからスタートしましょう。

いきなり自分はマスターしたとしてもいざやってみるとテンパってしまうものです。学校のテスト勉強でしっかりと勉強したのにいざテスト当日になったら頭の中が真っ白になってしまうことなんてよくありますよね。

数十回ぐらいはプレイしてカウンティングを体に染み込ませることが出来るまでは無理せずに低ベットでプレイしましょう。

最初からうまくいくことはないので根気よく続けていきましょう!

まとめ

カウンティングとは「テーブルの場にすでに出されているカードを記憶・把握し、デッキに残っているカードを予測する」という攻略法です。

このカウンティングですが、ブラックジャックにおいては『完璧に使いこなすことが出来れば最強』と言われているほど強力な攻略法で、カジノでは禁止されている所も多いほどです。

最強だからこそ習得は大変とも言えます。

ランニングカウントとトゥルーカウントの2つがありますが、最初はランニングカウントからスタートしていき、トゥルーカウント(足して割って数字が「+3」以上から強気にベットする方法)へとスキルを広げていきましょう。

カウンティングを覚えることでもともと還元率が高いと言われているブラックジャックの中でもさらに勝率を高めていけると思います。

オンラインカジノでブラックジャックをプレイすることが多い人は大変ではありますが、友達と一緒になって是非とも覚えるようにしましょう!

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`