eBET(イーベット)

記事内容

eBET(イーベット)社は2012年にアジアを拠点に設立され、ライブカジノを提供するゲームプロバイダー会社です。

eBET社が提供するライブバカラの特徴は、美女ディーラーによる丁寧な接客とライブ進行が優れていて、今最も勢いのあるマカオのランドカジノをイメージさせてくれます。

特にモバイルカジノにおいてはあらゆる世代、機種に対応しており、スムーズかつ、直観的なライブ体験は賞を受賞する等、オンラインカジノ業界でも評価は高いです。

 

eBET社の特徴

指先で本場さながらのカジノプレイ

eBET社の強みはモバイルデバイス環境下でのスムーズな操作とインターネット環境の安定性です。

卓越した技術を持ち、常にプレイヤーが求めるものを提供し、機能の向上、さらにクリエイティブな楽しいゲームの開発を行っています。

モバイルデバイスで指先からゲームを楽しむための利便性をユーザーに提供しているのですが、eBET社は主にアジアで主流のゲームをプレイすることが出来ます。

eBET社が提供しているバカラの種類は通常のバカラ、スピードバカラ、High Roller、VIP、SVIPの5種類が用意されていて、ハイローラープレイヤーに適したライブバカラになっています。

特にディーラーはモデルのようなスタイルで美女を取り揃えているので画面が華やかな印象を受けます。

シックなブラックが基調で、画面も見やすく程よいテーブル数です。

ゲームはバカラ、ドラゴンタイガー、シックボー、ルーレット、ブルブルなどがあります。

また、バカラとドラゴンタイガーは、eBET PC H5の技術によって一度に7人のプレイヤーが同テーブルでプレイできるようになっています。ユーザーは友達と一緒の席でプレーすることも可能です。

eBET社がMicrogaming社との契約

eBET社はアジアとヨーロッパの両方で信頼できるゲームプロバイダー会社です。

さらに拡大の販路を広げるために世界最大のゲームプロバイダー会社であるMicrogaming社とのライブディーラーを含める契約を結ぶことになりました

2020年4月9日から、eBETとMicrogamingのライブディーラーテーブルがお互いのパートナーに提供されることで双方にとってメリットとなる契約になりました。

eBET社のディーラーの質も含めた優れたライブゲーム環境の提供が高く評価されたからとも言えます。

G2Eアジア2017で賞賛を受ける

G2Eアジアはアジアなオンラインカジノ業界における権威ある賞です。

180を超える出展者、90の国と地域、12,000人を超える人が注目しました。展示面積は延べ12万平方メートルを超え、年々来場者数は増えています。

マカオ特別行政区政府からも支援されているイベントです。

そこでeBETは常に、卓越性と革新性の追求がブランドの安定化、製品と機能の向上、さらにクリエイティブな楽しいゲームの開発をしていることを称賛されています。

まとめ

eBET(イーベット)社は2012年にアジアを拠点に設立され、ライブカジノを専門に提供しているゲームプロバイダー会社です。

ライブバカラの特徴は、サーバーの安定性はもちろんのことモバイルデバイス環境でスムーズなゲームプレイが出来るように操作性にもかなりのこだわりを見せており、同時7人プレイなど、よりプレイヤー同士が楽しめるようになっています。

シックなブラックを基調としており、落ち着いた雰囲気で画面も見やすく調整されています。何よりも美女ディーラーを揃えており、楽しい勝負をプレイヤーは楽しむことが出来るでしょう

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`