ハイリスクは嫌!コツコツ堅実派向けルーレットで光るグッドマン法

記事内容

オンラインカジノの攻略法とか調べていくとどうしてもハイリスクハイリターンになりがちですよね。

マーチンゲール法とかパーレー法などいろいろな方法がありますが、結構リスキーな部分もあります。

もっと手堅いチップコントロールは出来ないのか?って思っている人におすすめなのがこのグッドマン法です。

グッドマン法とは別名1235法とも呼ばれている方法で、数ある必勝法の中でも特に手堅く堅実に配当を積み重なっていくスタイルとなっています。

大きく勝ちたい場合ってやはり一気に勝負を仕掛けるものですよね。

資金を貯めて一気に勝負を仕掛ける人もいるかと思いますが、最初の元手を増やしていく際にいきなりハイリスクなチャレンジをしてしまうと圧倒今に資金がなくなってしまいます。そのため、最初の元手をローリスクで増やしていきたいという人におすすめの方法です。

今回はそんなグッドマン法(1235法)の使い方、賭け方などを紹介していきます。また、このグッドマン法はルーレットで効果を得やすいとので、ぜひルーレットが好きな人は注目してほしいです。

グッドマン法の特徴と使い方

グッドマン法はベット方法が非常にシンプルです。勝つ度に「1→2→3→5」と賭け金を増やしていき、5以上になったら、そのまま5を継続していき、負けたら再び「1」に戻すという方法です。その名前から1235法とも呼ばれています。

 

オンラインカジノにおける攻略法を調べると様々な攻略法が紹介されていますよね。いろいろな方法をプレイヤーは知ることで自分に合ったスタイルなどを確立していくことが出来るでしょう。

その中でもグッドマン法は非常に有名な方法で、堅実派で手堅い方法と知られています。

グッドマン法の特徴は大きく分けて3つあります。

資金管理が簡単で少ない元手で始められる

グッドマン法の場合は少ない資金から始められて長く遊ぶことが出来ます。

ゲーム数 賭け金 勝敗 収支
$1 勝ち +$1
$2 勝ち +$3
$3 勝ち +$6
$5 勝ち +$11
$5 勝ち +$16
$5 勝ち +$21
$5 勝ち +$26

 

グッドマン法の良い所は最大で最低ベットの5倍となります。

グッドマン法では例えば最小賭け金が1ドルと最大賭け金で5ドルとなります。

資金管理が簡単です。複雑なものはいりません。

マーチンゲール法などは倍々にベット数を増やしていくため、10回目とも慣れば$1スタートのはずが気付けば$512・・$1024と、とんでもない金額になっていきます。

もちろんマーチンゲール法はチップコントロールやベットするタイミングを見極めることでとんでもない爆発力を兼ね備えていますし、資金に余裕がある人であれば理論上負けないため、非常に優れている投資法でもあります。最大の賭け金が5ドル(最小の5倍)であれば、運用しやすいので資金が少ない方でも実戦できます。

資金管理もとりあえず5まで行ったらその後は5を継続して、負けたら1に戻ればいいのも手軽にできていいですよね。

3連勝以上で2連敗してもマイナスにならない

まずは下の表をご覧ください。

ゲーム数 賭け金 勝敗 収支
$1 勝ち +$1
$2 勝ち +$3
$3 勝ち +$6
$5 負け +$1
$1 負け ±$0

 

グッドマン法の場合、3連勝した後に2連敗した場合でも損失になりません。勝負をしていたら3連勝、2連敗というのはよくある計算です。

意外と投資法の中には1回でも負けてしまうと損失が出てしまうというものもありますが、グッドマン法であれば2連敗までは±0になるため、損失が嫌という人でも安心できます。

なぜ手堅いと言われているのかもわかると思います。

5連勝以上で大きく利益につながる

 

ゲーム数 賭け金 勝敗 収支
$1 勝ち +$1
$2 勝ち +$3
$3 勝ち +$6
$5 勝ち +$11
$5 勝ち +$16
$5 勝ち +$21
$5 勝ち +$26
$5 勝ち +$31
$5 勝ち +$36
10 $5 勝ち +$41

 

グッドマン法では5連勝以上していけばしっかりと利益へと繋がっていきます。

もちろん5連勝というのは決して簡単なことではありませんが、勝ち続けることで利益も着実に増えていくのが魅力です。

仮に負けた場合にも損失は少なく、利益も残せるのがグッドマン法です。

負けが続いても損失が少ない

グッドマン法の良い所は負けても取り戻せる金額です。

ゲーム数 賭け金 勝敗 収支
$1 負け -$1
$1 負け -$2
$1 負け -$3
$1 負け -$4
$1 負け -$5
$1 負け -$6
$1 負け -$7
$1 負け -$8
$1 負け -$9
10 $1 負け -$10

 

10連敗したとしてもそのまま$10とカウントされます。負けが極端に続いた時にこそグッドマン法の手堅さが光るというものです。

以上のことからグッドマン法が手堅い堅実派の投資法と言われている理由です。

グッドマン法のメリット・デメリット

グッドマン法は、非常に有名な攻略法ですが、メリットとデメリットを冷静に分析してみましょう!

■メリット

  • 負けたときの損失リスクを抑えられる
  • 初期投資が少なく、簡単で初心者でも始めやすい
  • 連勝が続けば続くほど増える

■デメリット

  • 3連勝後しなければ残高が増えない
  • 一気に配当が増えることはない
  • 短期決戦に向かない

グッドマン法の最大のメリットである「リスクの低さ」となっています。

メリットとデメリットを挙げましたが、やはりリスクの少なさに秀でている攻略法と言えるでしょう。

一撃大勝利!ということはありません。その場合は他の攻略法を試していけばいいでしょう。

守り(損失リスク)を重視した投資法と言えます。

例えばアメリカンフットボールのように守りをしっかりと固めていくことで確実に勝利をつかんでいくようなものですね。

どうしても時間のかかる攻略法となっていますので、短期決戦ではなくのんびりコーヒーの香りやワインを楽しみながらグッドマン法でプレイしてみてはいかがでしょうか?

グッドマン方法におすすめのカジノゲーム

グッドマン法に最適なゲームと言えばやはりルーレットです。ルーレットは主にヨーロピアン(フレンチ)ルーレットとアメリカンルーレットの2種類が存在しますが勝率が少し変わります。

  • ヨーロピアン(フレンチ)ルーレット・・48.6%
  • アメリカンルーレット・・47.3%

ちなみに人気ライブカジノゲームプロバイダーであるEvolution社やPlaytech社などでは日本語が話せるディーラーなどもいるため、日本語で進行してくれているのでより遊びやすくなっています。

ルーレットで狙うのは主に赤黒どちらかの選択、もしくは奇数偶数を選択します。

連勝していけばチップ数を増やしてかけていきましょう。

他にはバカラ、ドラゴンタイガー、シックポーなども賭けの対象と言っていいでしょう。

まとめ

グッドマン法は利益の一部を残しながらとにかくリスクを減らしていくディフェンス型の必勝法です。

長くゲームを楽しみたいというカジュアルプレイヤーにもお勧めできます。特に、今までは純粋にゲームを楽しんでいたけど、もっと効果的に配当を積み上げていきたいと考え始めた初心者の方にもお勧めできます。

とにかく賭ける金額が$1としたら最大$5よりも賭ける金額にはならないというのは大きいと思います。

初心者でも始めやすくリスクが少ないのでぜひとも試してみてはいかがでしょうか?

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`