Green Valley Games(グリーン・バレー・ゲームズ)

記事内容

Green Valley Games(グリーン・バレー・ゲームズ)社は頭文字からGVG社と略称で呼ばれることが多いです。大企業であるSkillOnNet社の開発部門として日々ゲームを開発しているゲームプロバイダー会社です。

Green Valley Games社は2005年から運営されている、比較的小さなカジノゲーム開発社ではありますが、その技術的ソリューションで多くの賞を受賞しています。

ヨーロッパ中で何十サイトものオンラインカジノでプレイでき、さらに日本市場でもプレイすることが出来ます。ちなみに日本市場においてはラッキーニッキーが独占契約を結んでいます。

つまり2020年の8月の時点ではGreen Valley Games社のゲームを利用しようと思ったらラッキーニッキーでのみ利用することが出来ます。合計すると、「100」以上のタイトルがGreen Valley Games社によって設計され、発売され、スロットマシンやさまざまなテーブルゲームをカバーしていることが知られています。

Green Valley Games社の特徴

使いやすく遊びやすい沢山のゲーム

Green Valley Games社は、100以上のゲームを開発しており、スロットだけでもさまざまなテーマ、ジャックポット機能付き、リールのベット額においても期待できます。その他にもビデオポーカーとカジノテーブルゲームなども提供しており、ゲームのラインナップが魅力的です。

プレイヤーの興味を引くグラフィックとサウンドでゲームを盛り上げてくれます。

Green Valley Games社はゲームの使いやすさにもこだわっており、専任のユーザーエクスペリエンスチームによってそれぞれのゲームを簡単にストレスフリーで利用できるようにこだわりを見せています。

Green Valley Games社はスロットでもテーブルカジノゲームでも、長時間のプレイも苦ではなく楽しむことが出来ます。使用されているテクノロジーはHTML5に基づいており、過去のFlashもHTML5に転換しています。

モバイルデバイスでの利用可能なコンテンツを提供していき、3Dグラフィックスで描かれており、品質はゲームによってばらつきがありますが、特別低いというわけではありません。

WILD、フリースピン、スキャッターシンボル、ボーナスゲームの機能が付いており、どれもプレイヤーにさらなる刺激を与えてくれます。

まとめ

Green Valley Games(グリーン・バレー・ゲームズ)社は大企業であるSkillOnNet社のカジノゲーム開発部門として誕生しており、業界ではGVG社の略称で呼ばれることが多いゲームプロバイダー会社です。

あくまで開発部門という位置づけだからなのかホームページもなく簡素化されています。とはいえこれまでに開発してきた「100」を超えており、スロットゲームの他にはテーブルゲームやビデオポーカーなどもあり、様々なゲームがあります。

日本市場では2020年8月時点でラッキーニッキーという人気オンラインカジノが独占契約を結んでいます。試しに利用してみたい!という人は是非とも遊んでみましょう!

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`