Lady Luck Games(レディ・ラック・ゲームズ)

記事内容

Lady Luck Games(レディ・ラック・ゲームズ)社は2019年初頭に設立され、創造力、ハイエンドのテクノロジースキル、確かなビジネス知識が完璧に組み合わされており、設立間もない会社ながらもその技術力とエンターテイメント力は確かなものと言えます。

テレビゲーム業界で実績を重ねてきたメンバーを主力に様々なエキスパートが集結したプロフェッショナル集団と言えるゲームプロバイダー会社です。

Lady Luck Games(レディ・ラック・ゲームズ)社の特徴

 

Lady Luck Games(レディ・ラック・ゲームズ)の社のゲーム一覧

 

 

 

 

 

Lady Luck Games(レディ・ラック・ゲームズ)社の最新ニュース

 

 

ユニークで独創性があり楽しいカジュアルなゲームの開発

Lady Luck Games社の魅力としてやはりそのユニークなゲーム開発です。グラフィック面においてもコミック調で遊びやすいデザインで描かれており、オンラインカジノのスロット初心者の方や女性にも手に取ってもらいやすいのが特徴です。

もちろんエンターテイメント性にも優れており、演出面やアクション性のある動きでスロットを気軽に楽しめるようになっています。カジュアルかつ遊びやすさを重視しているので、短い時間遊ぼうと思ってもついついのめり込んでしまい何度でも遊びたくなります。

作品の開発ベースは決して速いものではないものの1つ1つが丁寧に作りこまれていて親切で分かりやすい内容となっています。

長年の高い実績を持つメンバーが集結

■Mads Jørgensen氏

モバイルゲーム業界の初期のエキスパートであるMads Jørgensen氏は、2000年にデンマークのTir 1モバイルオペレーターであるTDCと共同でZellsoftを設立し、その後、Madsは、モバイルコンテンツアグリゲーターであるRezet.netを共同設立し、Disney、Cartoon Network、Warner Brosなどのブランドをモバイル空間へのアプローチを行いました。

上場企業であるDaydream SoftwareのCEOとして、SonyEricssonやNokiaの携帯電話向けにモバイルJavaゲームの大規模な開発なども手掛けています。Lady Luck Gamesの共同設立者であるMadsは、規制市場でヨーロッパ全域を運営するスウェーデンのイゲーミングオペレーターAmgo Igaming ABの役員も務めています。


■Keld Knudsen氏

ゲームおよびその他の業界において、オペレーションおよび財務管理の面で大きな実績を持つ人物であり、また、多国籍の多機能チームを管理して、タイムリーな財務情報の提供や、リスクを最小限に抑えながらの品質向上に成功しています。

2010年にUnibet社のHead of Finance (B2C)としてゲーミング業界に参入し、その後、Mr.Green社のCFOを8年間務めました。ここ数年は、GentingBet社のCEOを務めたほか、Motivait社やBlexr社でアドバイザリー業務にも携わっています。

Vadim Fedorov氏は、S&PやSAPなどの大企業向けソフトウェアの開発に従事した後、RigaのCTXM社に入社し、ゲーム開発の世界に入りました。彼が手がけた最初のゲームプロジェクトは、ラトビアとロシアのローカルソーシャルネットワークで発売されたカジュアルなマルチプレイヤーゲームを手掛け、カジュアルゲームにおいて非常に実績を持つ人物です。


■Rasmus Guldbjerg Kjær氏

この人物を抜きにして、HitmanやAgent 47を語ることはできません。ラスマスは、ヨーロッパのゲーム業界で最も重要なアートディレクターの一人とみなされており、20年間にわたり、世界で最も売れているゲームやゲームコンセプトをデザインしてきた人物です。

Rasmus氏は映画や広告の仕事をしていましたが、少数のゲーム開発者たちと協力して、Io-Interactive社を設立しました。日本でも大人気のゲームとなった「ヒットマン」のキャラクターデザインを手がけたことで、エージェント47は業界で最も優れたアイコンのひとつとなった。

「Hitman」、「Freedom Fighters」、「Kane & Lynch: Dead Men」などのTVゲームに貢献し、スタイリッシュで妥協のない品質を提供することで、これらのゲームを名作に育て上げました。

モバイルゲームへの新たな情熱を抱き、2010年にスクウェア・エニックス傘下のHapti.coの設立に携わった後、Lady Luck Gamesを共同設立して新たな事業に乗り出しました。Rasmusは、Lady Luck Gamesとともに、新しいデザインのスロットマシンを開発し、次の世界的ヒット作を生み出すことを目指しています。


■Kenny氏

スウェーデンのiGamingプロフェッショナルで、8年以上の経験を持ち、様々な部門で重要な役割を担ってきました。この業界に入ったのは2012年で、Betssonグループに入社しました。2012年にBetsson groupに入社し、数年間勤務した後、変化の時が来たと判断しました。Videoslots社に入社し、ロイヤリティ部門を立ち上げ、同社の成長と世界最大のオンラインカジノとしての地位確立に貢献しました。

Kenny氏は、VIP、カスタマーサービス、ペイメント&リスク、カジノ&ゲーム、レスポンシブル・ゲーミングなどの分野で、さまざまな部門のコミュニケーションを監督し、品質とパフォーマンスを向上させることを専門とし、現在は、Lady luckゲームのセールス&マーケティングを担当しています。営業、マーケティング、リレーションシップマネジメント、顧客維持など、すべての商業活動における戦略的方向性と計画を策定し、実行している人物です。

まとめ

Lady Luck Games(レディ・ラック・ゲームズ)社は2019年初頭に設立されたゲームプロバイダー社としては設立間もない会社です。しかし、非常に優れたメンバーがそれぞれの部門で活躍しているまさに少数精鋭のメンバーで構成されています。

ゲーム開発においてはじっくりと育てていくスタイルで、そこまで開発ペースは速くないものの1つ1つが個性あふれるゲームであり、早くも多くのオンラインカジノサイトで採用されている今注目のゲームプロバイダー会社です。

 

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`