Play’n GO(プレインゴー)

記事内容

Play’n GO(プレインゴー)社は2004年にスウェーデンで設立され、16年以上もの実績があり、これまでに日本語を含む30か国に言語化されたゲームを「148」開発しているゲームプロバイダー会社です。

オンラインカジノが盛んなヨーロッパなどを中心に世界中で人気があり、これまでに数々の名機と呼ばれるゲームを作り続けています。

『独自のインスピレーションと創造性に基づき、あらゆるチャネルでオリジナルの楽しい体験を提供する』ことを掲げていて、現状に妥協せず、新しいアイデアを柔軟に取り入れて最新のゲーム開発スタジオと有能なスタッフにより次々とゲームを開発しています。

Play’n GO社の特徴

 

斬新で革新的なゲーム開発

グローバルなテーマを数多く開発しつづけており、オンラインカジノで数々の斬新で革新的なゲーム開発を行ってきたことでゲームプロバイダー業界でもブランドと地位を築いてきました。

いち早くモバイルゲーム開発に着手し、ダウンロード不要で即プレイ可能、パソコン・モバイル両方でプレイできるフラッシュゲームを作り続けてきました。

また、コミック風の3Dグラフィックの演出やパズルをモチーフにした、いわゆる落ちゲーの要素をスロットに組み込んだりのもPlay’n GO社です。

日本のアニメを参考にしたゲームなども落ちゲーとなっています。

業界に新しいスタイルを誕生させたと言ってもいいでしょう。

こうしたゲーム開発によって新作が出るたびに話題に上がるほど注目されるゲームプロバイダー会社へと成長していきました。

現状にとどまらず常に固定概念にこだわらない、柔軟なゲーム開発はもちろん。

プレイ環境にも非常に力を入れており、ゲーム自体が重くならないように軽量化と安定性にも定評があります。

ゲームも斬新な演出がされているゲームもある一方で伝統的、かつシンプルな直観操作でプレイが可能に配慮されいます。

カンタンインスタントプレー形式で初めてプレイする人も迷わず遊ぶことが出来ます。

また、プレインゴーと言えばビデオスロットゲームに注目されていますが、ライブカジノにも近年存在感を発揮しています。

プレイ中のラグやサーバーの安定性からしてみても非常高いレベルでゲーム環境を整えていてライブカジノにも今後注目されていることでしょう。

ライブカジノも充実

Play’n GO社と言えば落ちゲーと呼ばれる革新的なゲーム開発をし、古今東西、伝記からおとぎ話からアニメ系、リアル系から本当に様々なスロットゲームをこれまでに「148」を超えるゲームを開発してきています。

しかし、Play’n GO社はライブカジノでも非常に好評を得ています。

さすがにスロットゲームと比べるとライブカジノの認知度は低いですが、直観操作でプレイできるように配慮されていて、ライブカジノプレイ中もサーバーの安定性ラグもなくサーバーも非常に安定しているのでストレスを感じることなくプレイできると好評です。

臨場感あふれるライブカジノで遊ぶことが出来ます。

まとめ

これまでに「148」のゲームを開発してきたPlay’n GO社は常識に捉われない新しいゲームを開発してきました。

フラッシュゲームを元に時代のニーズに合わせ最新の技術を使ったゲーム開発を行っていて、スロットゲームの他にライブカジノも開発しています。

日本語対応されており、日本のアニメを参考にしたゲームなどもプレイできるとあって大変人気があります。

爆発力で一気にBIGWINを獲得することも出来るということで是非とも遊んでみて欲しいゲームとなっています。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`