Swintt(スウィント)

記事内容

Swintt(スウィント)社は2019年にマルタに本社を置き、70人を超える従業員を擁するスタッフとグローバルなパートナーシップを 持つSwintt社は非常に新しい会社ながらも注目度が高まっているゲームプロバイダー会社です。

業界に長年携わってきたスタッフと地元の知識とデータに基づいて構築された高品質のゲームはベンチャー企業とは実力は十分です。

Swintt社は、ゲームデザインとリテンションツールを革新を通じてプレーヤーに新世代の体験を提供していくことを目的にゲーム開発を行っています。

Swintt社の特徴

 

業界に新星が登場!?

オンラインカジノ業界において「新星が誕生する」というキャッチフレーズで設立を宣言して業界に参入してきました。

近年毎月数社のペースで新しくオンラインカジノ関連において企業が立ち上がる中で、Swintt社はB2B市場に目を向けて、自社開発したスロットやゲームをオンラインカジノに提供するほか、サードパーティとの契約にも積極的にアプローチをしています。

2019年4月に立ち上がったばかりですが、スタッフは豊富な経験、人脈、そして野心を兼ね備えています。

最高責任者であるCEOのデビッドフリンは、NYX Gaming GroupやJackpotjoyなどで経験を積んでいます。

立ち上げたばかりであるにも関わらず70人を超える開発チームを有する彼らの存在はいち早く注目されることは間違いありません。

Swintt社の戦略は、最初の数か月で大きな行動を起こし、業界に確実な地盤を打つことを重視しました。

別の新しいゲームプロバイダー会社であるニューデリーを拠点とするRNGplay社との契約を結びつつ、自社においてはマルタに本拠地を構える開発チームは、確かな技術を持ったプロフェッショナル達によってゲームが開発されているのです。

ゲーミフィケーションツールを確認する

Swintt社が開発した注目のツールが『SwinttGamify®』ツールです。

ゲーミフィケーションツールは会社立ち上げ前から構想されていたことでしょうし、だからこそSwintt社はスタートダッシュが出来たのではないかと考えています。

このツールはオペレーターとプレイヤーの両方に対してアピールすることのできるものでSwintt社が開発するゲームすべてにゲーミフィケーション機能が導入されています

同社は、9月に英国のロンドン、B2Bサミット、CasinoBeatsで大きなプロモーションキャンペーンなども展開し話題にもなりました。

プレーヤーにとって、オンライントーナメント、マルチプレイの報酬の段取り、エキサイティングなクロスゲームミッションの可能性を秘めていること他なりません。

開発ペースも早い

Swint社は設立から数か月の間に、40を超えるオンラインスロットゲームをリリースしました。

短期の間に新しいベンチャー企業が作り出すのはかなりインパクトがあります。

もちろん量だけにこだわったものではなく、スロットの品質は冷静に見ても非常に高いです。

テーマもに頼ったものではなく、幅広く、グラフィックは魅力的で、ゲームプレイはデバイスを問わずに非常にスムーズです。

リールレイアウトに関しては5または10の固定ペイラインの構造を持つ5リール×3行であり、伝統的なレイアウトです。

伝統的なレイアウトだけでなく、Swintt社の高グラフィックのスロットに関してはより複雑な機能とボーナスゲームを備えた幅広いリール構造となっており、プレイヤーにより没入型のゲーム体験を提供します。

Swintt社は最新のHTMLプラットフォーム上に構築されているため、すべてのデバイスでのプレイに最適であり、滑らかな操作が可能です。

まとめ

Swintt(スウィント)社は2019年にマルタに本社を構えて従業員数は70人を超えている非常に期待値が高いゲームプロバイダー会社です。

最初のスタートから数か月で40を超えるゲーム開発を行っており、ベンチャー企業ながらも圧倒的な開発スピードで業界内でも非常に注目度が高まってきています。

独自のゲーミフィケーションツール「SwinttGamify®」を開発したことで多くのオンラインカジノ業界からも注目されています。

自らを新たなスターが誕生したというほど自信と野心と高い戦略性を兼ね備えているSwintt社は早くも日本市場のオンラインカジノで提携を結ぶなど今後に大いに期待できるゲームプロバイダー会社です。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`