Synot(シノット)

記事内容

Synot(シノット)社は、1991年に設立され、最初はチェコ共和国の国内市場での宝くじ商品の開発からスタートし、瞬く間にチェコ共和国で最大の宝くじ設備会社の1つになりました。

今では世界20か国で事業を展開し、約3,000人の従業員を抱える国際的にも非常に大きい企業で、主にヨーロッパ、北アフリカ、アジアの管轄区域でスロットやルーレットゲームを作成しているゲームプロバイダー会社です。

最先端ゲームテクノロジーを提供することであり、オンラインカジノ市場とランドカジノの両方のエンターテインメント向けの両方を開発しています。

SYNOT社の特徴

 

29年以上の実績を持つゲームプロバイダー会社

Synot社はゲームプロバイダー会社として29年以上の実績を持ち、これまでに50以上のゲームを開発してきました。

そしてゲーム開発においては100人以上の専門家によって構成されており、世界20カ国に展開されています。

やはり長年に渡り、数多くのゲームを複数のテーマで世界中でリリースされているという実績は強みと言えるでしょう。

ゲームのポートフォリオに関しても非常にバリエーション豊富でクラシカルなものから人気の神話や西部劇、ホラー、野生動物をテーマにしたものからコミカルでかわいらしいアニメーションキャラクターなど多くのものを作成しています。

スロットゲーム以外にもルーレットゲームなども作っており、世界中でプレイされているのです。

ルーレットダイアモンドとルーレットアルティメットがあり、通常バージョンとVIPバージョンがあります。

VIPの指定によって、より高い制限とより多くのリベットオプションが追加されます。

まとめ

Synot(シノット)社は、1991年に宝くじ商品の開発からスタートし、実績を重ねてきた世界20カ国に展開している企業です。

iGaming部門は、2016年ごろにスタートされましたが、100名を超える専門家チームによって構成されたスロットゲームは確かな実績と技術と資本が兼ね備わっています。

スロットゲームのテーマも非常に豊富で面白いゲームが盛り沢山となっています。

スロットだけでなく、ルーレットゲームなどもリリースしており、日本市場でも今後お目にかかることが増えるかもしれませんのでチェックしておきたいゲームプロバイダー会社と言えます。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`