eCograがLeoVegas社のResponsible Gaming Frameworkを承認|LEOVEGAS

特集説明

LeoVegas(レオベガス)社がeCOGRA(イーコグラ)の承認を得ました。eCogra(eCommerce Online Gaming Regulation and Assurance)はこのフレームワークを審査し、承認されました。

欧州委員会は、オンラインカジノ事業者に対し、責任あるゲーム規制を遵守するよう求めています。この中には未成年者を含む消費者の保護も含まれます。また、オンラインゲームサービスに対しても、定められた規制を遵守するよう強く求めています。そしてこれは世界中に広がりを見せています。

日本市場にも展開しているLeoVegas社は、責任あるゲームのフレームワークをeCOGRA社に提出し、評価を受けました。eCOGRAはその後、同社のフレームワークが欧州委員会の規制に適合していると報告しました。

eCOGRAの審査によると、すべてがECの規制に沿ってる評価しています。

これは、LeoVegas Gaming Groupが所有するブランドを評価した後のことです。また、LeoVegas社の市場も評価しました。eCOGRA社は、フレームワークのさらなる変更を要求しませんでした。

eCOGRA(イーコグラ)とは・・・オンラインギャンブル業界では誰もが知る、カジノ界では非常に有名な審査機関であり、英国発祥の非営利組織(NPO)としてオンラインゲームのソフトウェア及び提供機関の審査を行っています。

審査内容は、主にゲームの公平さ、還元率(RTP)や乱数発生器(RNG)のチェック。ユーザーのプライバシー保護、支払いが正常に行われているかや、カスタマーサポートの質なども審査するなど多岐にわたるのですが、審査基準が非常に厳しいことでも有名で1回の審査では受からないと言われているほどです。

 

LeoVegas GroupのCEOであるGustaf Hagman氏は、

『安全でセキュアなゲーム体験を提供することは、引き続き当社の最優先事項ではありますが、それに加え、未成年者がオンラインギャンブルにアクセスできないように保護することも同様に重要である』と述べています。

また、Hagman氏は、今回の評価がLeoVegas社にもたらした安心感をプレイヤーに与えることが出来るとも述べました。独立した外部機関による審査からの評価は大事ですね。

LeoVegasは責任あるゲーミングに関するeCOGRAのテストに合格したことでよりこの業界での安全性を自社評価でなく、外部機関の評価を受けることが出来ました。

上場企業であり、eCOGRAの認証を受けたキングオブモバイルカジノの異名を持つレオベガスで遊んでみてはいかがでしょうか?

 

>>レオベガスの公式サイトはこちら<<

この記事を書いた人

Leo Vegas

Leo Vegas / レオベガスは一部上場企業を果たしている大手企業が運営しているという安心感があります。
スマホやアプリ化をいち早く導入し、その使いやすさから【キング・オブ・モバイルカジノ】と言われているほど、スムーズな操作性や安定したゲーム環境はもちろんのことレオベガスは2つのゲームを同時にプレイする「レオ・マルチプレイ機能」を開発し、高い評価を得ています。
これまでに数多くの賞を受賞しており、第三者機関の評価も非常に高いです。
ゲームのラインナップも豊富で、35社以上と提携し、さらにその数は今後増えていくことを予定しています。ボーナスも充実しており”賭け条件無しのお得なフリースピンボーナス”なども用意されています。様々な角度からプレイヤーを満足させてくれる非常に人気の高いオンラインカジノです。

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント