カリビアンスタッドポーカー

記事内容

ポーカーはテキサスホールデムポーカーが主流ですが、そこから様々な派生したポーカーゲームが誕生しています。

テキサスホールデムポーカーのルールやゲームの進行は最初は複雑に感じると思います。

そのため、ポーカーの役などを覚えておいてある程度ポーカーに慣れてから始めたほうがいいでしょう。

ポーカーゲームの中でもシンプルで始めやすいのがカリビアンスタッドポーカーですので紹介していきます。

カリビアンスタッドポーカーの特徴

カリビアンスタッドポーカーとは、プレイヤー(自分)とディーラー(親)との1対1で勝負を行うのが特徴です。

ポーカーの多くはカードチェンジを一度行ったりすることが多いですが、カリビアンスタッドポーカーは最初に配られる5枚のみで戦い、カードチェンジはしません。

つまり、最初に配られたカードで手役(ハンド)が強い方が勝ちというシンプルなものになるため、運の要素が強いです。

ポーカーの手役が分からなくてもオンラインカジノでは手役が自動で計算してくれるので極端な話、手役が分からなくても遊ぶことが出来ます。

また、ゲームの進行も早いので気楽に遊ぶことが出来ます。

カリビアンスタッドポーカーにはジャックポット(大当たりの賞金)があります。

ゲームを始める前に、一定額(カジノにより差があるが、大体$2前後)をプログレッシブジャックポットに賭けておけば、一定以上の役(ハンド)が出来た時に、勝ち負けに関係なく賞金が支払われます。

獲得する条件と配当はカジノにより多少違いますが、一例を紹介します。

  • ロイヤルストレートフラッシュ(ジャックポット全額)
  • ストレートフラッシュ(ジャックポットの10%)
  • フォー・オブ・ア・カインド($500)
    ※日本固有の略称はフォーカード
  • フルハウス($100)
  • フラッシュ($50)

基本的に役を揃えられるかどうかのゲームのため、ディーラー有利のゲームと言われますが、ジャックポット機能が付いているため、役を揃えた時のバックも大きいということは頭に入れておきましょう。

カリビアンスタッドポーカーのルール

カリビアンスタッドポーカーはディーラーとの1対1の勝負でカードチャンジも行わないため、ゲームの進行も早いです。

ブラフや駆け引きの必要もないため、初心者にも始めやすいです。

使用するカードはジョーカーを除く52枚(Aが1番強く、2が1番弱い)を使います。

カリビアンスタッドポーカーの場合、ノーペア(ハイカード)の場合でも「A」「K」があれば勝負することができ、それ以降、強いカードから順に比較していきます。

※ただし、ディーラーが勝負をする場合は「A」と「K」を所有しているのでプレイヤーが勝負をする場合は「A」「K」を持っている必要があります。

また地域によっては「パシフィック」「バミューダ」「トロピカル」とも呼ばれたりしますが、どれも名称だけが違うだけで同じルールです。

カリビアンスタッドポーカーの手役(ハンド)

カリビアンスタッドポーカーの手役の強さを上から順に紹介していきます。

ロイヤルストレートフラッシュ

同じマークの「A、K、Q、J、10」の揃った最強ハンド

ジャックポットに賭けていた場合ジャックポット全額配当。

ストレートフラッシュ

同じマークで、かつ連続した数字の5枚カード。

例:♥の「1・2・3・4・5」を揃える

ジャックポットに賭けていた場合ジャックポットの10%が配当。

フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)

4枚が同じ数字を揃える。

例:「A」を四つ揃える

ジャックポットに賭けていた場合、およそ$500が配当。

フルハウス

同じ数字の3枚のカードと同じ数字の2枚のカードを揃える。

例:「3・3・3」と「2・2」を揃える

ジャックポットに賭けていた場合、およそ$50が配当。

フラッシュ

 

数字の並びに関係なく同じ柄のカードを5枚揃える。

例:ハートの「2・3・4・7・8」を揃える

ジャックポットに賭けていた場合、およそ$100が配当。

ストレート

連続した5枚の数字を揃える。

例:「A・2・3・4・5」を揃える

 

スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)

3枚が同じ数字を揃える。

例:「A・A・A」を揃える

ツーペア

同じ数字のペアが2つある組み合わせを揃える。

例:「2・2」と「3・3」を揃える

ワンペア

同じ数字のペアを1つ揃える。

例:「A・A」を揃える

ハイカード

お互いにノーペアだった場合に、「A」「K」を所有していた場合、勝負が出来る。

お互いにハイカードだった場合、「A」「K」の次に強いカードから順番に比較して、数字の大きい方が勝ちとなる。

ゲームの進め方

席に着いたら最初に、アンティ(ANTE)と書かれたボックス(枠線)に、賭けたい額のチップを置きます。

場合によってはジャックポットにチップを置いたりしましょう。

チップを置いたらディーラーから5枚ずつカードが伏せられた状態で配られます。

ディーラーはカードが1枚オープンになった状態で配られるので、そこからディーラーのカードを予想していきます。

ディーラーの表に表示されている「A」「K」のどちらかがオープンになっていた場合、ハイカードでも勝負が出来る可能性が高いので警戒が必要です。

勝負をしない場合は、そのままアンティに置かれたチップは没収です。

役(ハンド)があって勝負しようと思った場合(コール)は、「ベット(BET)、またはレイズ(RAISE)」と書かれたボックスの上に、カードを伏せた状態で置き、その上にさらにアンティに賭けた倍額のチップを置きます。

例:アンティに置いたチップが$4なら、ベットのところに$8を追加し、合計$12で勝負することになります。

ディーラーのカードがオープンされ、勝てば配当が貰え、負ければ没収となります。

ジャックポットのところにチップを置いていた状態で、一定以上の役(ハンド)が出来た場合は勝敗にかかわらず、その役分のジャックポットを得ることが出来ます。

まとめ

カリビアンスタッドポーカーは色々なポーカーゲームがありますが、その中でも始めやすいと言えます。

カードチェンジをしないですし、オンラインカジノの場合、手役などを覚えなくてもプレイすることが出来ます。

運要素が強いため、気軽に出来ますし、ディーラーと1対1で勝負を行うため、周りのペースに左右されることも少ないです。

初めてポーカーをプレイするという人におすすめのカードゲームです。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`