ドラゴンタイガー

記事内容

日本では聞いたことが無い人も多い「ドラゴンタイガー」ですが、カンボジア発祥のゲームで、アジア圏のランドカジノで人気があるトランプゲームです。

シンプルで簡単なゲームということもあり、オンラインカジノのライブカジノゲームで遊べるところが増えてきているので特徴やルールについて紹介します。

ドラゴンタイガーの特徴

ドラゴンタイガーは基本的にドラゴン側とタイガー側のどちらが勝つ、もしくは引き分けになるかを予想して当てるゲームです。

1枚のカードでどちらが強いかを予想するため、カジノゲームで最も簡単なゲームと呼ばれています。

運要素が強いので難しい攻略法などはありません。

ドラゴンタイガーのルール

ドラゴンタイガーではジョーカーを除いたトランプのカード8組(52枚×8=416枚)を使って行われるギャンブルです。

ドラゴンタイガーのカードの数字の数え方として「K」が最も強く「A」が一番弱いです。

※他のトランプゲームでは「A」が一番強いことが多いので勘違いしやすいので気を付けましょう。

デッキの上から2枚のカードが引かれ、ドラゴン(龍)側に1枚、タイガー(虎)に1枚ずつ配られます。

どちらの数字が大きいかを当てるというだけのゲームです。

1枚限りの1発勝負で、ドラゴンとタイガーのどちらか強いか、もしくはタイ(引き分け)になるのかをベットします。

他の賭け方もあります。

ドラゴンタイガー:ビック・スモール

ドラゴンタイガーでは

  • 「1、2、3、4、5、6」をスモール。
  • 「8、9、10、J、Q、K」をビック。

と分けられるのですが、ドラゴンとタイガーのどちらかがスモールorビッグかを予想することも出来ます。

配当は2倍です。

ドラゴンタイガー:Odd Even

表示されたカードが奇数か偶数かを予想します。

配当は2倍です。

ドラゴンタイガー:Black Red

カードの色が赤か黒かを予想する方法。

配当は2倍です。

他にはカードのマーク(♣♠♦♥)を当てる賭け方が出来る所もあります。

その場合は配当は4倍です。

ゲームの進め方

最初にどちらが当てるか、「ビック・スモール」「スーツ(マーク)」を予想してチップを置きます。

ノーモアベットとディーラーが宣告したら、それ以上チップを置くことは出来ません。

ディーラーがそれぞれのカードをオープンして賭けが当たっていれば配当が、間違っていれば没収となります。

まとめ

ドラゴンタイガーはとてもシンプルなゲームです。

1枚のカードで勝負がつき、運要素で勝敗が決定します。

とんとん拍子で勝負が続いていきます。

難しい要素はないので、オンラインカジノでも気軽に楽しめますが、戦略を立てたり、勝負事が好きな人には多少物足りなく感じるかもしれません。

初めてカジノゲームをプレイする人にオススメできます。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`