MENU

GAMOMAT、世界海洋デーを記念して「Gaming for the Climate」に寄付

2022年6月8日(水)。ドイツのプレミアムオンラインソフトウェア開発会社GAMOMATは、ワールドオーシャンズデーを記念して、Healthy Seasに初めて寄付を行います。

GAMOMAT Distribution GmbHは、「Gaming for the Climate」の一環として、2021年12月に人気ゲーム「Book of Oasis」を発売し、収益の一部をHealthy Seasに寄付して、世界中の海を保護する活動を支援しています。

最初の寄付はすでに効果を発揮し、Healthy Seasが地中海でクリーンアップ活動を行うことを可能にしました。この2週間、ギリシャのイサカでボランティアのダイバーが、放棄された養殖場が海底に残したいわゆる「幽霊網」の除去作業を行っています。この網は、海洋生態系に重要な役割を果たす海藻の森を危険にさらすもので、この清掃活動は環境破壊を防ぐのに役立っています。

ポシドニア海草の森は、何千もの海洋生物の住処であり、彼らの食料となり、子孫を残すための水中保育所としての役割を担っています。

また、ポシドニア・オセアニカは酸素を生産し、二酸化炭素の長期貯蔵の役割も果たしています。さらに、成長が遅く、寿命も長いことから、保護すべき海藻とされています。

GAMOMAT Distribution GmbHは、今後も「Gaming for the Climate」活動を通じて、Healthy Seasの海を守る活動を支援していく予定とのこと。

Ithacaクリーンアップは、Healthy Seasが行っている貴重な活動の好例と言えます。

GAMOMAT社は、次のように述べています。

『”Gaming for the Climate “イニシアチブを通じて、今後も海を守るための活動を支援し、すでに多くのプロジェクトに資金を提供できることを楽しみにしています。』

とコメントしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる