MENU

Lady Luck Games社がReelNRGを買収

Lady Luck Games AB (publ)は、ReelNRGを買収する意図でLetter of Intent (LOI)を締結し、これにより46の新しいゲームを追加し、イギリスとマルタで重要なライセンスを確保します。

ReelNRG Limitedは、ロンドンに拠点を置き、The United Kingdomとマルタに会社や事業を持つゲームスタジオ・グループです。同社は2016年にCalvin KentとHarsharan Gillによって設立され、共同所有者の中には、Klein Group(Cherry, Yggdrasil, and Coolbet and the ComeOn Group)など、この分野で幅広い知識を持つ評判の良い投資家が数名含まれています。

ReelNRGのスタッフは9名で、そのうち8名はインドを拠点とする開発者です。

インドのハイデラバードに独自の開発スタジオを持つReelNRGは、独自の技術を開発・構築し、UKGC、MGA、ジブラルタルのライセンスのもと、英国およびその他の規制市場で強力な流通を確立しています。現在、ReelNRGのポートフォリオは、46のゲームと30以上のインテグレーションで構成されています。

ReelNRGは今後も独立して運営されます。しかし、LL Lucky Games AB(publ)は、クロスセリング、コストの最適化、将来的な技術やライセンスの共有の機会など、大きなシナジーを見込んでいます。

買収金額は、2,500,000株の新規発行株式で構成され、株価3.30クローネで相殺発行されることに合意しています。これは、ReelNRGの株主に株式を発行した後の当社の発行済株式総数51 366 506株との関係で見ておく必要があります。

両社は、通常の書類手続きを経て、4月中に取引を完了させる予定です。

Lady Luck GamesのCEOであるMads V. Jørgensen氏は次のように述べています。

『ReelNRG社の買収により、当社はLL社のポートフォリオに重要な顧客統合とライセンスを獲得することができます。合併会社として、我々は現在100以上のゲームを運営しており、クロスセリングによる商業的シナジーとコスト面の両方から大きな相互利益を得ることができるだろう。

これはLL Lucky Gamesにとって大きな一歩であり、規制市場に特化した真の独立系ゲームスタジオとしての地位をさらに強固なものにするものです。独自のライセンスで運営することで、より大きな収益シェアとマーケットリーチを確保することができます。

我々は、カルヴィンと彼のチームを、クライン・グループとReelNRGの他の株主と共に歓迎することを楽しみにしています。』

とコメントしています。


ReelNRGのCEOであるCalvin Kentは次のように述べています。

『LL Lucky GamesをReelNRGの新しいオーナーとして迎えることは、私たちにとって重要な新しいスタートとなります。

LL Lucky Gamesからの追加サポートにより、私たちはこれまで以上に強力になり、クライアントとその顧客に対してより良いエンターテイメントパッケージを提供できるようになるでしょう。新しいサーバーインフラも完成し、最適化され、スケールアップの準備が整いました。私たちのチームと株主は、LL Lucky Gamesの一員としてビジネスを継続することに大きな意欲を持っています。』

とコメントしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる