MENU

Pragmatic Play社がStakeにライブカジノ専用スタジオを提供を発表!

iGaming業界をリードするコンテンツプロバイダーであるPragmatic Play社は、大手ライブカジノ運営会社Stakeと提携し、専用のスタジオを提供することになりました。

この契約により、サプライヤーは、Stakeのブランディングを施した12テーブルのスタジオを建設し、比類ない没入感のあるライブカジノ体験を提供することになります。このスタジオには、ブラックジャック10台、ルーレット1台、スピードバカラ1台が設置される予定です。

Stakeは、コミュニティベースのベッティング・プラットフォームで、世界最大の暗号通貨スポーツブックおよびカジノとして急速にその地位を確立しました。カナダ、ブラジルなどを含む市場で主要な足跡を残しています。

今回の契約は、Kindred、1xbet、888、Mansionとのライブディーラー専用スタジオの提供に続くもので、Pragmatic Playがこの分野で卓越した業績を上げ続けていることを示すものです。

Pragmatic Playがの最高事業開発責任者であるヨシ・バーゼリーは、次のように述べています。

『ステークは、iGamingの風景における主要な新興勢力であり、2017年の発売以来著しく成長し、迅速に世界的な名前になりました。

我々は、彼らがライブカジノ専用スタジオを作るために私たちと提携したことを非常に喜んでおり、我々はStakeブランドにふさわしい環境を提供する機会に興奮しています。』


Stakeの共同設立者であるEdward Cravenは、次のように述べています。

『ライブカジノ空間の主要なサプライヤーとして、Pragmatic Playのあらゆるニーズを確実に満たすというコミットメントは、この契約を推進する上で重要な要素でした。その専用スタジオは、世界中の規制された市場の主要なブランドでうまく機能しており、これは私たちのための重要な一歩です。

我々は、それがライブに行くと本当に私たちのブランドのユニークな能力を強調することを楽しみにしています。』

とコメントしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる