MENU

Pragmatic Playがウクライナ危機支援のため、英国赤十字社に10万ポンドを寄付

iGaming業界をリードするコンテンツプロバイダーであるPragmatic Playは、英国赤十字のウクライナ危機アピールの一環として、10万ポンドを寄付しました。

同国では人道的危機が続いており、この寄付金は赤十字社の赤新月運動の対応支援に使用される予定です。赤十字はわずか7週間で、ウクライナとヨーロッパ全域の100万人に救命のための支援を行いました。支援内容は、経済的支援、食料、衣料、水、心理社会的ケアなどです。

世界中のボランティアが紛争中の民間人を支援しており、プラグマティック・プレイの貢献は、人道的組織を通じて家族の幸福と安全のために使われています。

プラグマティック・プレイは、そのCSRプログラムが、現在進行中の問題だけでなく、困っている人々にポジティブな変化をもたらすことができると感じている時事問題にも対応していることを確認しています。

プラグマティック・プレイのCEOであるジュリアン・ジャーヴィスは、次のように述べています。

『ウクライナの紛争は、プラグマティック・プレイの私たちに大きな衝撃を与えています。私たちの大切な同僚やその家族が直接被害を受けたので、彼らやウクライナのより広いコミュニティをできる限り助けたいと考えています。

私たちの寄付は、赤十字が行っている素晴らしい活動を継続させ、危機に巻き込まれた人々が必要とする人道的支援を受けることができるようにするためのものです。』

とコメントしています。


ジブラルタル赤十字の会長であるエドワード・デイビスは、次のように述べています。

『私たちの活動は、最も支援を必要としている人々に援助を届けるために不可欠なものであり、プラグマティック・プレイのような方々の資金援助によって、私たちは変化をもたらすことができます。今回の寄付は非常にありがたく、Pragmatic Playに感謝の意を表したいと思います。』

とコメントしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる