MENU

Tom Horn Gamingから見たオンライン・ギャンブルの2022年トレンド

2022年のオンラインギャンブルのトレンドはどうなると思いますか?という素朴な疑問を、オンラインカジノのレビュープラットフォームであるCasinosHunterが投げかけ、弊社COOのPeter VozarやゲームプロデューサーのSamuel Zido氏など、イゲーミングの第一人者が回答するラウンドアップインタビューが行われました。また、アカウントマネジメントの責任者であるJames CostantiniがTom Hornチームに加わり、今後のイゲーミングのトレンドについて意見を述べました。

集まった意見によると、これからの数ヶ月はアイゲーミング業界を次のレベルへと導くような革新的なトレンドで忙しくなりそうです。

VRゲームの開発、ゲームサウンドの向上、ゲームのカスタマイズツールなど、さまざまなトレンドが挙げられましたが、私たちの同僚は、オンラインゲームの未来を形作るであろう5つの主要な分野を特定しました。- 5Gネットワーク、試行錯誤を経たゲームコンセプトの折衷と再利用、新しいテクノロジーとプラットフォーム – 暗号通貨、NFT、メタバース、エンターテインメント大手のギャンブル分野への参入、Eスポーツの台頭です。

5Gネットワークとギャンブル産業

当社のCOOであるPeter Vozarによると、5Gネットワークは、ゲーム開発を変革し、ゲーム体験を向上させる計り知れない可能性を秘めているため、今後数ヶ月の間に話題となるでしょう。

「5Gの商用利用は、今非常にホットな話題であり、2022年後半から2023年前半には、5Gネットワークの大量利用が現実のものとなるかもしれないと考えています。

彼は続けます。

『5Gネットワークは、現実のダウンロード速度を大幅に向上させ、遅延はわずか数ミリ秒と低く、無制限のデータ転送をエンドユーザーに提供します。この技術的飛躍は、ゲームプロバイダーが新しいゲームを提供する方法と可能性に大きな影響を与えるものであり、変革をもたらすでしょう。』

5Gネットワークは、よりまとまりのあるプレイヤー体験を提供し、Peter Vozar氏が言うように「ゲームのサイズ、グラフィック、アニメーション、サウンドをゲーム開発の制限として認識することはなくなるでしょう。

より多くのアクションやダイナミックなゲームプレイ、さらには没入感のあるストーリーを提供し、プレイヤーの関心を高めることができるようになるでしょう。スロットゲームの中には、従来のゲーム機でプレイするクラシックなビデオゲームや、一流のカメラワークを駆使した映画と似たようなものも出てくるでしょう。

彼は、5Gがゲームデザインやダウンロード速度など、ゲーム開発にもたらす革命については楽観的ですが、ゲームサウンドに関しては控えめです。

『ゲームサウンドも変化します。モバイル端末に搭載された小型スピーカーの技術力にはまだ限界があるので、クオリティはそれほどでもありませんが、音の複雑さや没入感は向上します。バックグラウンドのループが繰り返される現象は、歴史に残ることになると思います。』

とコメントしています。

ゲームプロデューサーのSamuel Zidoは、時の試練に耐えてきたコンセプトへの回帰が続くと考えています。「2022年のゲームトレンドには、2つの側面があると思います。まず、他の産業と同様に、ゲームコミュニティは、試行錯誤を重ねたコンセプトをブラッシュアップしていくでしょう。カジノのロビーでは、定番の人気スロットゲームの「リメイク版」が数多く見られるようになるでしょう。このようなアプローチは、ノスタルジーをもたらすと同時に、若い世代のプレーヤーが、昔、彼らの親がプレイしていたものを味わうことを可能にします。

2つ目の予測は、ゲーム開発は、機能からテーマまで、組み合わせることができないものを組み合わせる、折衷的なアプローチで特徴付けられるようになる、というものだ。

暗号通貨、NFT、そしてメタバース

メタバースはもはや単なる流行語や抽象的な概念ではなく、具体的な形になってきており、ゲーム開発者はこの新しいプラットフォームが提供する多くの可能性をゆっくりと受け入れています。私たちは日常生活で暗号通貨やNFTを使うことが多くなっています。AM部門の責任者であるJames Costantiniにとって、上記の分野は2022年以降に最も注目されるトレンドの一つです。

“ブロックチェーン技術”、”暗号通貨”、”NFT”、”VR”。これらの分野は相互に関連する技術であるため、まとめて言及しています。

彼は続けます。”異なるブロックチェーンエコシステムで使用されるデジタルコインは、ビットコインの預金を受け始めたアジアではかなり普及していますが、欧米諸国では規制が厳しいため、いかなる進展もより時間がかかると思われます。

一方、Non-Fungible Tokenは、独自に作成されたデジタルアイテム、または鋳造されたものです。ゲーム中、プレイヤーは追跡可能な収集品を見つけることができ、それを売却して利益を得ることができる。Facebook/Metaが発表したMetaverseは、VRをさらに世間に知らしめ、ゲームへの没入感を高め続けています(すでにVR製品を提供しているPokerStars Sportを参照)。しかし、エンドユーザーへのVRの普及には高価な機器が必要であり、普及には時間がかかると思われます。

これらの技術は非常に有望ですが、コストが下がらない限り、オンラインギャンブルのトレンドはまだゆっくりと燃えていると私は考えています。

 

エンターテイメント界の巨人、ギャンブル界に参入

James Constantiniは、トレンドその2として、新規参入者、エンターテイメント大手がアイゲーミングの領域に参入することを挙げています。「オンライン・ギャンブルのトレンドのひとつは、エンターテイメント企業などの新規参入で、ベッティングやギャンブルのサービスを提供し始めることです。

Netflixはすでに自社のシリーズや映画を題材にしたゲームを発表していますが、これは将来的にカジノゲームの可能性を示唆していると言えるでしょう。ディズニーがDraftKingsと30億ドルの複数年ライセンス契約を結んだことは、すでに事実です。Amazonもそれに続くかもしれません。”

『Todd Haushalterが2019年末のIgaming nextカンファレンスで予測したことは確実に現実になりつつあり、業界のリーダーたちは市場での地位を維持するためにノウハウとイノベーションをトレードオフしなければならないだろう。 』

と彼は付け加えました。

Eスポーツ

Eスポーツは、パンデミックの間に信じられないほどの人気を獲得し、James Costantiniは、この傾向が続くと予測しています。

『過去5年間、eスポーツベッティングの需要は非常に高まっており、パンデミック時にはさらに増加しました。未開拓の市場の可能性に気づいたゲーマーは、常に多く存在するのです。これらのゲーマーは、単に自分のゲーム知識でお金を稼ぎたいだけなのです。

さらに、世界中の多くのオンラインギャンブラーは、さまざまなゲーム(League of Legend、Fortnite Dota 2など)のプロのコンテストに賭けるようになりました。Twitchはそれを促進する素晴らしいエコシステムでもあり、ミレニアル世代がビデオゲームとカジノやスポーツベッティング業界を分けて考えていたのを、Z世代が変えてくれると見ています。』

とコメントしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる