MENU

AGAがゲーミングにおけるAMLコンプライアンス・ガイドラインの更新を発表

米国ゲーミング協会(AGA)は7月28日、ギャンブル業界で蔓延するマネーロンダリング行為を軽減するための「アンチ・マネー・ローンダリング(AML)コンプライアンス・ベストプラクティス」の第3版を発表しました。

同協会がアメリカのゲーミング業界規制の起草を主導することに同意した後、AMLコンプライアンスガイドラインを発表するのは今回で3回目です。AGAは2014年に最初のドラフトを発表してその任に就きましたが、その後2019年に更新されました。

AMLガイドラインの最新の更新は、複数のカジノ、特にオンラインギャンブルプラットフォームを運営するカジノに関連する犯罪的経済活動の深刻な事例を発見した最近の報道が動機となっているようです。

また、全米の半数以上の州がすでにオンラインベッティングやスポーツベッティングを合法化しており、そのかなりの数がパンデミック後にこの決定に至ったという事実も、考えられる要因の一つです。

さらに、オンラインギャンブルとスポーツベッティングを支持する法律を可決した州で見られる急激な成長を受けて、他の管轄区域もこの動きに加わることを検討しています。したがって、AGAの見解では、急速に拡大する米国のゲーミング部門と同レベルの規制を導入することが不可欠である。

AGAの報告によると、AMLベストプラクティスペーパーは、全米の立派なコンプライアンス専門家チームによる徹底的なレビューの後、更新されたとのことです。

技術革新で悪化するマネーロンダリング

オンラインゲーム業界は、ブリティッシュコロンビア州の一部の地域でカジノによる違法行為があったとの報道を受け、最近大きな注目を浴びています。200人以上の目撃者の証言により、ブリティッシュコロンビア州のカジノで数十億ドルが洗浄されていたことが6月に発表された。

カレン委員会が提出したこの報告書では、犯人が特定の時間帯に不審な取引を行うなど、システムを利用する方法の一部が紹介された。さらに、この問題には重要な政府機関が関与しており、ブリティッシュ・コロンビア宝くじ公社は、AML規制違反を見逃すインセンティブを受け取ったとされ、大きな批判を浴びました。

何が変わったのか?

上記の2つの要因に加えて、AGAが以前のガイドラインを発表してから3年の間に多くの変化がありました。ひとつは、2020年にマネーロンダリング防止法が成立し、2021年に法制化され、それに伴い銀行機密保護法(BSA)に大きな改正が行われたことです。

もうひとつは、約4分の1の州がギャンブル施設でのデジタル決済の利用を承認したことです。このことは、ギャンブル産業をできるだけクリーンで立派なものにしようと努力しているAGAにとって、少なからぬ悩みの種となり、そのため、この文書が作成されたのです。

新たに発表されたベストプラクティスのガイドラインは、過去3年間に発生した問題のいくつかに対処しようと、用語の改訂やより精巧なレッドフラッグ指標を含んでいます。

この文書では、AGAが日々変化するマネーロンダリング犯罪との戦いにおいて完璧を期すことは期待していないものの、「マネーロンダリングと不正資金調達の脅威」の事例を抑制するという任務を効果的に遂行することを約束していると述べています。

また、このガイドラインは、カジノ事業者に対し、違法なセクターにおける新しいパターンに対応するため、それぞれのAML/BSAコンプライアンスメカニズムを評価するよう求めています。AGAの政府関係担当副社長であるアレックス・コステロは、ガイドラインの目的と現在のデジタル時代に必要な理由についてコメントしている。と述べています。

『金融犯罪の手法と精巧さが進化する中、ゲーム業界はマネーロンダリング対策の先頭に立ち続けています。私たちの業界にとって貴重な資料であるこのガイドは、米国の金融システムをマネーロンダリングやその他の不正な金融から守るというゲーミング業界のコミットメントを示すものです。』

と述べています。

ゲームシーンにおける人身売買の撲滅に向けて

新ガイドラインがその目的を効果的に果たすために、さらなる対策が講じられています。例えば、「ゲーミング業界における人身売買の防止と対策」というペーパーでは、ギャンブル運営と人身売買に関する問題にスポットライトが当てられています。

AGAのAnt-Human Trafficking Task Forceは、この報告書をまとめ、人身売買業者がギャンブル事業者を悪用して、不正な事業から違法な資金を「一掃」する方法を概説しています。

ギャンブル事業は、犯罪収益を処理しようとする犯罪シンジケートにとって格好の標的であるため、AGAがさらなる活動を防止するために、できるだけ先手を打ちたいと考えるのは当然のことでしょう。そのため、ベストプラクティスのガイドラインを定期的に改訂し、実施に移していることは高く評価されています。

他の地域でも、ギャンブル規則を改正し、現在の業界に適したものにするための交渉が行われています。

例えば、マカオのような地域は、特別行政区(SAR)の主要な収入源である資金の流れを規制するために、国境を越えたギャンブルの規制を導入しています。

また、オーストラリアの各州は、一部の大手オペレーターに関する最近のスキャンダルを受けて、マネーロンダリングを防止するためのより厳格な措置を提案しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる