MENU

アリゾナ州ゲーミング局(ADG)で決算発表‼最初の収益結果として米国の記録を打ち破る

アリゾナ州ゲーミング局(ADG)がアリゾナ州におけるスポーツベッティングの最初の2ヶ月間の収益結果を発表しました。ADGが金曜日に発表した数字によると、9月と10月の合計で7億7700万ドル以上の賭け金が報告されています。

VSiNLiveのデジタルコンテンツ担当副社長であるベン・フォークス氏は、9月と10月にそれぞれ2億9120万ドルと4億8610万ドルと結果をTwitterでシェアし、アリゾナは「巨大なマーケットになる」とツイートしています。

アリゾナの9月のベット額の合計は商業的な合法スポーツベッティング事業を展開した6州の中で新記録を樹立しました。また、アリゾナ州は、ネバダ州の、開始初月に達成した最高ハンドルの記録も更新しています。アリゾナ州の10月の取扱高は、米国の24州の中で第7位で、同月の全米スポーツベッティング取扱高を75億ドルという記録的な水準に押し上げる要因となりました。

モバイルが圧倒的シェア

アリゾナ州ゲーミング局(ADG)の数字によると、アリゾナ州の総取扱額7億7700万ドルのうち、モバイル・スポーツ・ベッティングが99%を占めているとのことで、FanDuelやCaesarsなどのリテール・スポーツブックは$980万のベットに貢献しました。

アリゾナ州に進出しているスポーツブックは、Barstool Sports、BetMGM、Caesars、DraftKings、FanDuel、TwinSpires、Unibet、WynnBetなどです。

アリゾナ州は今年も盛りだくさん

4月にダグ・デューシー知事がHB2772に署名してアリゾナ州のスポーツ賭博を合法化し、プロスポーツチームがスポーツ賭博を運営できるようになると、比較的早くその機運が盛り上がりました。

HB2772ではプロ団体と州内の部族カジノの双方がスポーツ賭博を運営できるようになったが、ADGが部族に配るライセンスは10件のみだった。ADGがパーティーに招待しなかった6部族の1つ、Yavapai-Prescott Indian Tribe(YPIT)は、HB2772を違憲とすることで、州のスポーツベッティング市場を立ち上げ前に頓挫させようとしたのだ。しかし、9月5日に同部族は差止請求に敗れ、わずか数日後の9月9日に市場が開始された。

ADGの9月、10月の数字発表が予想外に遅れたものの、アリゾナ州の市場参入をめぐる期待の大きさは正当なものであることが証明された。アリゾナ州はすぐに米国トップ10の市場になり、業界関係者は、ADGが11月の数字を発表するときには、アリゾナ州が最も早く10億ドルの取扱高を達成することになるだろうと広く考えています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる