BGaming社が収集した第1四半期のiGaming業界の動向を探る

記事内容

BGaming社がiGaming社の業界の動向を分析し、共有・発表をしてくれました。

今年はなんといってもパンデミックによって多くのエンターテインメント分野に影響を与えた一方で、オンラインギャンブルの人気は高まる一方という形になりました。

日本でもオンラインカジノを利用するプレイヤーが激増し、日本市場向けに展開するサイトも増えてきました。

全体的な傾向として、iGaming市場は世界中で急速に拡大し続けています。

オンラインカジノのためのダイナミックで急成長しているコンテンツプロバイダーであるBGaming社は、2021年第1四半期の企業レポートを分析し、iGaming業界のより多くのトレンドを集めました。

■モバイルゲーミング化が顕著に

ゲームプロバイダーは、どのデバイスでも使いやすいように努力しているのですが、モバイルからのプレイが非常に増加し、”昨年との比較では、19%の上昇を示しました。

現在、BGamingのプレイヤーの実に94%以上がモバイル機器でのプレイを選択している。」とBGamingのディレクター、Marina Ostrovtsovaは述べています。

これは、スマートフォン向けオンラインスロットの品質が、デスクトップ版と同じくらいの速さで向上していることを意味し、一方でゲームプロバイダー社はモバイル・ギャンブルを次のレベルのエンターテイメントに引き上げるための革新的なソリューションを模索していく必要があります。

■女性プレイヤーの増加

近年、オンラインカジノでは女性の利用者も増加しており、女性をターゲットにしたゲームをより多く開発しているのが特徴的で、女性向けのコンテンツの充実によって継続しているのが分かります。

統計によると、今後女性はすぐに男性と同じくらいオンラインスロットをプレイするようになると予想できます。

2020年末までに女性視聴者のシェアは30.8%でしたが、現在はほぼ39.9%にまで急増しています。

多くの人がオンラインカジノに魅力に感じ純粋に楽しんでいるのが分かります。

BGaming社のブランドマネージャーであるBogdan Gres氏は、「多くのプロバイダーが、優れた計算能力だけでなく、魅力的でユニークなテーマ、高品質のデザイン、音楽、インタラクティブな要素を備えた魅力的なゲームを提供することを努力しており、プレイヤーに本物の感動を与えていることがわかります。」とコメントを述べています。

今が非常に業界全体が非常に良い波に乗っているのが分かりますね。

ギャンブルをゲームに変える。ギャンブルとビデオゲームの境界線は徐々に曖昧になってきています。

2021年第1四半期にカジノプレイヤーを対象に行われた世論調査によると、BGamingは約10%のプレイヤーがオンラインゲームからオンラインギャンブルに参加していることと言われており、高品質でストーリー性を持ちつつ爽快感のあるスロットゲームを作っていることは明白です。

おそらく近いうちに、エンターテインメントの両領域に影響を与える有望な企業が現れることでしょう。

BGamingは今後も業界の動向を分析し、共有してくれるとのことです。

専門家チームとプレイヤー主体のアプローチにより、スタジオは革新的で魅力的な製品を生み出していくことがBGaming社の強みでもあるからです。

BGaming社の分析を通じて分かることはやはり、オンラインカジノ市場が非常に拡大し急成長していることが分かります。

実際にゲームプロバイダー社が非常に増加していますよね。

今現在日本でもパチプロが低迷している中でオンラインカジノのプレイヤー人口は増え続けています。

さらにオンラインカジノ市場は盛り上がりを見せていくのではないでしょうか?

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`