MENU

BGCが健全なギャンブルを促進のためにスポーツベッティングのスポンサーシップを呼びかける

英国のBetting and Gaming Council(BGC)は、スポーツのスポンサーシップに関わる事業者に対し、ファンに対してより安全なギャンブルの重要性をアピールするよう呼びかけています。

BGCの会員は毎年、競馬に3億5000万ポンド(4億1700万ユーロ/4億7100万ドル)のスポンサーシップ、メディア権、賦課金を提供しており、イングランドサッカーリーグ(EFL)全体で4000万ポンド、ダーツとスヌーカーで1000万ポンド、さらにラグビーユニオンで250万ポンドがスポンサーシップに費やされているとのことです。

BGCは、新型コロナウイルス(Covid-19)の大流行時にこうした財政支援が不可欠であることが証明された一方で、ファンやスポーツスターの間でより安全なギャンブルを促進するために会員が行っている活動の重要性も強調したと述べています。

これには、2018年に開始した100万ポンドの5年間のギャンブル教育プログラムが含まれ、EFLスポンサーのSkyBetが資金を提供し、EPICリスクマネジメントによって提供されています。

ウェストハム・ユナイテッドのスポンサーであるベットウェイは、提携するすべてのイングランド・プレミアリーグのクラブにトレーニングスキームを展開し、選手やコーチを含む従業員に安全なギャンブルと責任あるマーケティングのセッションを実施しました。

また、キンドレッド・グループは、元サッカー選手のウェイン・ルーニー、引退したボクサーのカール・フランプトン、競馬騎手のパディ・ブレナンなどのスポーツスターを起用した4部構成の「Know Your Limits」シリーズを制作し、責任あるギャンブルの普及に努めています。

さらに、BGCが資金を提供し、慈善団体GamCareとYGAMが実施する1,000万ポンドの「若者向けギャンブル被害防止プログラム」は、プレミアリーグのレスター・シティやチャンピオンシップのバーミンガム・シティを含む全国でスポーツに関連したプログラムを実施しています。

BGCはまた、サッカークラブによるソーシャルメディア利用に関する独自の行動規範の導入にも言及し、サッカークラブのソーシャルメディアフィードにおけるオーガニックツイートでは、アクションへの呼びかけやギャンブルサイトへのリンクは許可されないとしました。

また、BGCの会員は、テレビとラジオの広告の20%を、より安全なギャンブルのメッセージにすることを約束しています。


BGCのCEOであるMichael Dugherは、コメントしています。

『BGCの会員は、さまざまな形でスポーツに資金援助を行っていることを誇りに思っていますが、これが、より安全なギャンブルを推進する活動と密接に関係していることも重要です」と述べています。「英国では、人口の半分にあたる約3000万人がギャンブルを楽しんでおり、その大半は安全に楽しんでいます。

政府がギャンブル白書を発表するのを待つ間、より安全なギャンブルの推進が、ベッティングおよびゲーミング業界のスポーツ支援へのコミットメントの不可欠な要素であり続けることを願っています。』

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる