MENU

ブロックチェーン技術はKYCとAMLの規制を強化が進むオンラインカジノの最適格となる!

ブロックチェーンによるKYC(身元確認)とAML(アンチマネーロンダリング)の両方を担う懸け橋となる。

賭博事業者の近年の規制強化には妥協がありません。

KYCおよびAML監査証跡のための新技術を求める一方、賭博規制当局は法的要件のハードルをどんどん挙げて来ています。その中でブロックチェーンは、すべてのステークホルダーにとって実行可能で安全な選択肢となる可能性があり、使い勝手、世界中で利用されている点から最適格の1つとなるでしょう。

規制当局がセキュリティ・プロトコルを強化する一方で、マルタ・ゲーミング協会(MGA)は最近、KYCおよびAMLの規制を強化する際に悪いことをした人を出さないという姿勢を示しました。これらのプロトコルに違反した場合、オペレーターは数百万ドルの罰金を科されるからです。

この業界の専門家によると、KYCの処理に関する紛れもない1つの答えはブロックチェーンであるといいます。分散型ネットワークを構築するこの技術は、最も安全で合法的なデータを収集することができると考えられています。

iGaming規制の専門家であるNick Hill氏は、MGA、UKGC、およびその他の規制機関が、より厳しいKYCおよびAMLプロトコルが避けられないことを示していると主張し、そのうえで現在のプロセスは、すでにプロバイダーのリソースに大きな負担をかけており、多くの人がデータが危険にさらされていると考えています。問題は、このテクノロジーによって、事業者が法律の正しい適用を受けるために、どのような支援ができるかということです。

ブロックチェーン技術によるデータの完全性

KYCやアンチマネーロンダリング(AML)プロセスで使用される従来の本人確認には、負担が大きくコストのかかる作業が含まれ、時には手作業で処理されることもあります。これは、規制当局が常にハードルを上げていることはもちろん、ヒューマンエラーや不正行為の現実を考えると、問題になってきます。

nChainのマーケティングディレクター兼、製品・ソリューション戦略ディレクターであるDominic Duffy氏は、データの完全性が信頼に足るものでなければならないと指摘し、ブロックチェーンは重要なKYCとAMLの手続きにどのような革命をもたらすことができるのでしょうか?

ブロックチェーンによるデータ処理技術

ブロックチェーンのデータ処理の性質上、発生したすべての取引を記録するだけでなく、行われた取引を残すことができます。そしてブロックチェーンのための分散型ネットワークでということでブロックチェーンの監査証跡がしっかりと追うことが出来るのです。ブロックチェーンによる情報の統一処理により、事業者と規制当局は、その起点で記録にアクセスすることができます。

また、国境を越えた検証の課題も解消され、同じデータを何度も使用することができる。時間のかかる文書処理が不要で、誰が何のために来たのか、つまりここでいうギャンブル目的でアクセス来たということが即座にわかるようになっています。

必要なID認証の書類を探すのに時間を費やす必要がありません。その代わりに、ギャンブルでリラックスすることができるのです。リアルタイムでデータを記録し、転送することで、マネーロンダリングを防ぐことも可能で、もしアルゴリズムが不審な動きを即座に拾い上げ、それを検知するとすぐに取引を停止することが可能です。

安全面は問題ない?

ブロックチェーンに基づくデジタルアイデンティティと個人データは、最も安全な情報プロセスです。チェーンを構成するデータブロックは、相互に接続されたノードで満たされています。もし不正にアクセスして1つのブロックのデータを変更すると、ピアネットワークに直ちに通知されることになるため、関連するすべてのノードを同時にハッキングすることは不可能とされています。

開発者は分散型台帳を暗号技術で保護し、各参加者は自分の秘密鍵を持つ。チェーン上で処理される各取引は、このデジタル署名を受け取ります。どのような取引プロセスや変更も、ユーザーのネットワークによって承認される必要がある。これにより、機密情報の漏洩をほぼ不可能なレベルまで最小限に抑えることができます。

量子コンピューターによってハッキングされてしまうのか?

よくビットコインは将来的に量子コンピューターがハッキングされてしまうのではないか?という不安を口にする人がいますが、今は量子コンピューターでもハッキング不可能になるという技術も生まれて来ています。

まだ、結論は量子コンピューター自体は数年先になると言われており、今現在は決着が付いていない状態です。

ビットコインは明白な解決策の1つ

ブロックチェーン上の情報セキュリティの利点は明確です。

事業者はそのプロセスを証明できる信頼性の高い情報を規制当局に提供でき、一方、利用者は自分の情報が安全であることを保証することができるのです。規制当局が分散型ブロックチェーンKYCおよびAMLネットワークを早く許可すれば、関係者全員にとってより良いものになります。

まとめ

今現在オンラインカジノにおけるKYC(身元確認)とAML(アンチマネーロンダリング)の規制強化というのはより一層厳しいものとなり、オンラインカジノオペレーター(運営)は時には罰金を支払わされることも珍しいことではありません。

また、データの整合性などをとる必要があるため、プレイヤーの出金対応にも時間がかかってしまっている現状があります。その中でビットコインをはじめとするブロックチェーン技術を応用することで簡単に解決することとなります。

将来的にはまだどうなるかはわからないものの今現在ブロックチェーン技術とオンラインカジノの相性がいかに抜群であるかが分かると思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる