MGAが「Smart Operations Limited」のライセンス認可の取消を発表

記事内容

2021年6月9日にオンラインカジノを運営をするにあたって必要なライセンスの中で最も厳しく、取得が難しいと言われているMGA(Malta Gaming Authority / マルタゲーミングオーソリティ)はSmart Operations Limited(スマート・オペレーションズ・リミテッド)のライセンスはく奪を発表しました。

該当ページはこちらです。

 

Cancellation of Authorisation for Smart Operations Limited (C-73372)

 

マルタゲーミングオーソリティ(MGA)は、Smart Operations Limitedに与えられたライセンスを取り消す決定を下したという衝撃のニュースが飛び込んできましたが、この問題の会社が財務上の義務を果たしていないため、MGAにはライセンスをはく奪することになったのです。

本来ライセンス料を支払わなければいけないのにも関わらず該当の会社はお金を支払っていません。

MGAが企業からライセンスを剥奪することを決定したのは今回が初めてではなく、今後も厳しく取り締まるということでしょう。

業界最高峰というブランドとプライドを保ち、常に厳しい態度で臨まれているため、ライセンスの剥奪はすべての人に対する明確なメッセージとなります。

■ルールを守らないとライセンスを剥奪される
MGAは先日、この決定を正式に発表しましたが、ライセンスの取り消しは2021年4月30日付で即時有効となりました。先に述べたように前述したように、金銭的なコミットメントができなかったため、このような措置を取ったまでです。

規則ではライセンス規則の違反であることが明記されていますので、MGAは正しい判断を下したことになりますし、業界と持ちつ持たれつといったこともないということがよく分かりると思います。

ライセンスを失ったSmart Operations Limitedにビジネスに深刻な影響を及ぼすことになることは間違いなく、ライセンスがない間はいかなる新規登録も受け付けず、いかなる預金も受け入れず、いかなるカジノゲームも提供することができません。

ただし、既存のメンバーへのアクセスを許可し、必要に応じてタイムリーに返金処理を行うことです。

MGAは正式に発表されたのが先日のことですが、その数か月前からすでにライセンスをはく奪処理を行っており、MGAがいかに迅速に規則違反者を取り締まるかを示しています。

真剣なビジネスであるからこそ、真剣な対応が必要なのです。

今回の件にとどまらず、MGAは2020年の最初の6カ月間で合計7つのライセンスを剥奪したことも明らかにしました。

こういったMGAの断固たる姿勢はそのライセンスを持つサイトのブランド力の底上げにつながることでもあり、業界の健全化にも一役買っていると言えます。

MGAはライセンスはく奪だけでにとどまらず最近ではRTPレートも業界に一石を投じており、最低RTP率は92%から85%に引き下げられました。

このプロセスには、B2C、B2Bのオペレーター、コンサルタント、そして関係者が参加しました。これは、業界全体で最適なRTPレートを把握するためのプロセスということであり、RTPレートの変更に加えて、ゲームルールをゲームページからワンクリックで入手できるようにする必要性も繰り返し指摘しています。

業界の健全化と透明化を常に考え、ルールを破れば、MGAの監視下では長続きしないということを示しています。

今回のニュースにおいてMGAのライセンスってどうなの?って疑問に思っていた人もよりMGAライセンスを取得しているサイトを安心して利用できると感じたと思います。

プレイヤー側からしてみれば不正や悪徳サイトを許さない姿勢というのはありがたく常に保っていてほしいものですよね。

 

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`