MENU

エルサルバドルがNFT取引とランドベースを備えた初のメタバースカジノを立ち上げへ

中米のエルサルバドルは水曜日に、ゲストがNFT(non-fungible tokens)を売買できる初のバーチャルカジノを開始することを確認しました。この新しいプロジェクトは、同国に物理的な支店も持つ予定です。プロジェクトを担当するのはアストロ・ベイビーズで、名称は「アストロ・カジノ」になる予定だ。

エルサルバドル政府のTechnology & Economy International Affairs DirectorであるMónica Taher氏は、この取り組みが政府と連携して行われることを発表し、またカジノ施設が建設された後の様子を紹介する同社のビデオも公開した。

アストロベイビーズによると、ランドベースカジノにはスロットマシンやテーブルゲーム、毎週開催されるポーカートーナメントなどのアクティビティや商品が用意される予定です。ここには、ゲームエリア、ロビー、バー、レストラン、DJ、テラス、またVIPエリアが設置される予定です。

Astro Casinoのメタバースにおけるバーチャル版では、NFTの販売、購入、オークションを可能にするマーケットプレイスが設置されます。これはソラナブロックチェーン上で動作し、Astro Babiesイニシアチブによって運営される予定です。

このニュースは、メタバースに対するゲーム業界の関係者の関心が高まっている中で発表されました。ブロックチェーンベースのソリューションに特化したグローバルなテクノロジーコングロマリットであるBOTSは、今期ラスベガスをベースにした独自のメタバースを立ち上げる予定であり、最近、拡張現実(XR)クロステクノロジーのカジノゲーム、XRゲーム開発ソリューション、iGamingおよびスポーツベッティング業界向けのNFTを専門とするテクノロジー企業、XR Casinoへの戦略的投資を行いました。

また、今度のCasino Esport Conferenceの主催者は、このイベントの焦点の一つとして、カジノがメタバース技術を取り入れる必要性を取り上げると述べています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる